スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
日の出だ!  本日もこぎこぎ舟をだす。
2010-08-06 Fri 07:41
今日はいつになくチカラが入っていた。

「日の出出航」しようと、家族みんなが5時に起きた。

が、浜に出てみるともうとっくにお日様はゴンゴンあがっているではないか。
なんでやねん?
気合は入っていたものの、いつもの計画性のなさがたたった。

つり道具やら、アンカーやら、湖上ブレックファストの用意やら、チビ助やらタロ助のお世話してたら時間はあっという間に過ぎていた。



日の出4
それでも充分早朝なのだ。
水平線に近い太陽がまぶしい。


日の出
タロ助がどんどんカヤックに慣れてきている。
「おやじ、写真とっとる場合やない!右舷後方に超小型潜水艦が迫っとる!!」  (タロ助)

「おほほほ、あれはカルガモちゅう鳥さんや」   (タロッちち)


日の出1
底までよく水は澄んでいる。
水生植物が蕾をつけていた。


日の出2
「おやじ、むこうのしげみからブタの鳴き声が聞こえる!!」  (タロ助)

「ちゃうちゃう、あれは鴨たちがふざけとるんやな」   (タロッちち)



日の出3
「おやじ、カヤックっておもろいかも」   (タロ助)

「うん、そのうちチビ助も乗り込んで一家全員ゆうらゆうら、琵琶湖をたゆたうよん」  (タロッちち)





おまけ

昨夕の沈没から脱出、再乗船訓練をするタロママ。

沈脱
コクピットカバーもなにもないオープンデッキのボイジャー460Tが、沈するとどうなるか、というのが知りたかった。
別に暗くなってからやる必要はないのだが、思いついた時にやっておく。


沈脱1
180度ひっくり返っても、この状態ではほとんど水は船体に入ってない。


沈脱2
タロママが一人で船体を起こしている。

水は、このときに掬うように浸入してきた。



沈脱3
再乗船をこころみたが、船はズブズブと沈んでしまう。

岡まで引っ張っていき水を出すしかなかった。


うむ、これでは沖合いで沈したらアウト。
浮力体を入れたとしてもあまりかわらなそうだし。
なにかいい方法はないのだろうか。


スポンサーサイト
別窓 | カヤック | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<決してマネしないで下さい。 | イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ | 近江八景 浮御堂へ >>
ありがとう!FC2 Blog Ranking
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。