スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
琵琶湖移住計画  その3 「家を売る」
2010-03-17 Wed 18:49
このご時世、家を売るのはなかなか難しい。
何百万、何千万円かけて家を建てても20年30年経てば価値はなくなり、土地値に
しかならない。家を建てる業者も手を抜くのが当たり前になっており、10年ほど
でガタの出る家もある。
いつからこんな風潮になったのだろう。50年100年住み続けられる家は必要ないか
のようだ。
20年30年で家を出ていく子どもたち。そしてもう大きな家はいらなくなった老夫
婦。核家族化の社会に見合った家の寿命と言うことか。
木の家であろうとしっかり建てれば50年100年大丈夫だのに。材木も呼吸し生き続
ける。寺院など数百年はざらだ。
エコだ、どうのこうのというより、そういう古いものに触れながら暮らしたいと
想うのは人間として異質な興味なのだろうか?
京都の老舗旅館や和風居酒屋、和風喫茶など雑誌でとりあげられたりもし、
流行っていたりするところをみると「異質な興味」というわけでもない。

古いお家にお住まいの皆さん、ぜひ私たちにお譲りください。

しかし、こんな嘆かわしくももったいない風潮だが、中古ハンターの私たちには嬉しすぎるのだ。
土地値で買ったものを、土地値で売るのだからほとんど損はしない。



さて、いよいよ家を売る段取りにかかった。


この家を買ったときのF工務店に、売りも任す事にした。
ところが驚いたことに、買いと売りでは、店員の対応は180度ちがう。
買いのときは「ホメ」ちぎった特徴が、売りのときは「ケナシ」の材料にしかならないのだから…。

たとえば、
【家を売る側の営業マントーク】  ⇒  【家を買う側の営業マントーク】

「古くてもしっかりしたお家です」  ⇒  「古くて小さく狭いですから…」

「南と西の2方向が田んぼで日当たり抜群、自然も豊か」 ⇒ 「田んぼは蚊が多いですし、臭いますからね」

「第1種低層住居地域なのでとても閑静、住むには最高」 ⇒ 「第1種低層なので建蔽率50%、建替えが難しい」

「お安くなっているのでこれ以上値は下げれませんが」  ⇒ 「なにせ不況、即決買取ならほぼ半額ですわ」

もう僕たちは開いた口がふさがらなかった。手のひらを返すとはまさにこのことだった。
キツネ目の営業マンは、調子に乗って電卓をたたいた。

「このくらいのお値段なら売れるかもしれません」と目を細めた。

しかし僕はもう意を決していた。キツネ目を無視し、最初に考えていた値段を提示した。
キツネ目はさらに目をつりあげなにかしゃべっていたが、こちらは馬耳東風。

あきらめたのか、すぐに書類を出し僕たちに判を押させさっさと帰っていった。

それから週末ごとに急に人の出入りが激しくなった。
『内覧』である。

「売りに出すのはもったいない」とか「きれいにつかっておられる」とか「気持ちの良いお家」とか声をかけていただいたが、車庫スペースや台所スペースがネックとなりまとまらなかった。

3週目にこられたご近所の娘さんが、この家を気に入って下さった。あまりにもご近所なのでびっくりしたが、それだけに住環境は熟知されておりなんの説明もいらなかった。



室内
古いものに囲まれて暮らすタロッ家。
使い込まれたものは、安心感があるしぬくもりがある。


桜
桜の蕾がふっくらと大きくなってきた。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<おかげさまです | イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ | 琵琶湖移住計画 その2 「家を買う」>>
ありがとう!FC2 Blog Ranking
この記事のコメント
うわーこの営業マンの手口()なんか勉強になります
ほんならタロチチが滋賀の家を買う時にこうやって言えば安く負けてくれたんですかね

なにはともあれ、ウェルカム田舎生活
奈良と滋賀ならいい勝負ですよね
奈良ではタヌキを救出ですが、滋賀ではブラックバス救出ですね(笑)
2010-03-17 Wed 19:16 | URL | キャン母 #-[ 内容変更]
不動産の売買は大変ですよね。
それぞれで立場の違いがハッキリ出ます(淋)。
私も九州で土地の売買(売り)をしましたが、
なにせ田舎、数メートルで政令指定都市なのですが、
その数メートルも大きく左右します。
欲しい人が誰もいない、、、。何年待っても、、、。
二束三文でした(涙)。

ま、ま、そんな話は置いといて。
少しでもいい方向に進展するといいですね!
もうすぐ桜が咲きそうですね!
2010-03-18 Thu 13:44 | URL | billmon #-[ 内容変更]
キャン母様へ
あははは、不動産の営業マンはすごいです。悪徳も「やから」もまだまだいるので気をつけなければなりません。
お世話になったF工務店は大手だし、そんなことはないですが…。
昔から土地の売買に携わるものを『千三つ』(せんみつ)と言って、千のうち本当のことは3つだけ、といわれたくらいですからね。
ただF工務店の営業マンはウソをついたわけではなく、物事の表裏をたくみに見せてくれた、ということでしょうね。

奈良県と滋賀県、確かに似てますね。
海がない。
飛鳥から大津京へ遷都、また飛鳥へ遷都。

引越してもよろしくお願いしますね。
2010-03-18 Thu 16:19 | URL | ドッグンロール・タロッちち #-[ 内容変更]
billmon様へ
生家を売られたときのエピソードですか。時代的な風潮も影響しますからね、大変でしたね。

今のところ、順調に推移しております。
夏には是非奥様もご一緒に、アールと泳ぎに来てください。

それまでにタロ助も泳げるようにしておきます。
2010-03-18 Thu 16:28 | URL | ドッグンロール・タロッちち #-[ 内容変更]
おやおや
ウチはS友不動産が売りに出した物件を
F工務店から買いました

売れ残り物件のようで
S友さんでは買い手がつかなかったみたいです

だからF工務店の営業マンともS友さんの営業マンの方とも
やりとりをしました

F工務店さんの営業マンは
チャライ男がきて
S友さんの営業マンの悪口を言ってばかり
でもS友さんはテキパキとしていて
好感が持てました

友和みたいな人はいないと思いますよー

いい買い手さんが見つかってよかったですね
思い入れのあるお家
今後もきっと愛されることでしょう

古風な家具がとてもいい感じのタロっ家ですね
新しいものばかり追っていた私が
なんだかマヌケな感じました...
2010-03-18 Thu 17:19 | URL | 弟子えもん #iachzy/2[ 内容変更]
弟子えもん様へ
そうですか、弟子えもん様もF工務店を利用されたのですか。このあたりはF工務店が最強ですよね。
でも、確かに友和みたいな人はいないですう。

はい、とても良い買い手様でこちらも安心しました。
とても日当たりの良いこの家はそれだけで幸せでした。

ずっとこの家に住むつもりでしたが、琵琶湖の家を見てからは決心がぐらつきましたです。

アリスちゃんとももっと遊びたかったです。
2010-03-20 Sat 00:21 | URL | ドッグンロール・タロッちち #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。