スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「イージーライダー」と「モーターサイクルダイアリーズ」 
2009-04-14 Tue 11:59
DVDで映画を楽しんだ。
見逃した映画、何回目かの映画、全然知らない映画(タイトルにひかれた)あり。

「おくりびと」    滝田洋二郎監督
一歩間違えれば人権研修ビデオ、それを映画らしく詩的に仕上げた良い映画だ。

「ドッグレース」   イギリスオーストラリア映画  ?監督
つまらない映画。

「卒業」     マイク・ニコルズ監督
何度も見てる映画。

「ゲッタウェイ」 サム・ペキンパー監督
スティーブ・マックイーンのカーチェイスと暴力描写の監督と誤解されている映画だ。ここに描かれた人間関係の微細さ襞に気づかない人にはわからない素敵な映画だ。

「モーターサイクルダイアリーズ」 ウォルター・サレス監督 2004年
ああ、うずく、うずく青春の血が…。今回これを紹介する。

モーター4
この画像をみただけでも素敵だと思う。時は1950年代の二人の青年の実話である。ひとりは23歳のチェ・ゲバラ。
革命家になる前の迷える青春時代がロードムービーに見事に表現されている。


モーター6
二人は本でしか知らない南アメリカをオートバイで旅をする。
おんぼろバイクは1939年製のノートン500。

当然ぼくは「イージーライダー」と比べている。
ピーター・フォンダのチョッパーの大型バイクまたがる姿はカッコよかった。アメリカ国旗を模したガソリンタンク、捨てられた時計、長髪、ヒッピースタイル。当時の若者は、この映画の焦燥感と自由、音楽とスタイル、若者の反社会的行動と地域社会の保守的描写に完璧イカレた。

モーター1
しかしこのノートン500は何回も転倒し、川に突っ込み、牛にぶつかり、針金で補修を繰り返しながら旅を続ける。

モーター
ついに廃車、ただの鉄くずになる。

モーター2
二人は、目的地南米の最北地カラカスへ歩きだす。
チリ銅山労働者、少数民族の悲哀、警察に追われる共産主義者、土地を失った小作農民、ハンセン病患者など南米の現実に真直ぐ突き当たっていく二人。

「イージーライダー」との違いはバイクではない。この若者の社会との接し方なのだ。

「モーターサイクルダイアリーズ」ではカフェで眠りこける大人をさげすんだり、富裕層を俗物と呼んだり、法律家を目指すエリートを白眼視したり若者らしい短絡的な捉え方をしている。が、二人は社会的現実から目をそむけていくのではない。下層階級の人々にどんどん向かっていくのだ。
ところが「イージーライダー」の若者の反社会的思考はとても閉鎖的で社会のそうした現実には向かわない。あくまで対立した図式のままだ。

ぼくも、17,18歳のころ放浪とまでは言わないがひとり旅をした。
すべて徒歩と野宿、ヒッチハイクで四国や九州をまわったことがある。
一日に10数台車を乗り継ぐ。
神戸から逃げてきたやくざの車にも乗った。銭湯に連れて行ってもらった。リッパな絵が背中に描いてあった。
乗っけてもらった車が正面衝突、入院、あえなく旅は終わった。

もちろん映画と比べる程のことなど何もないが、ウズウズと大昔の血をざわつかせてくれた映画だった。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<狂犬病予防集団注射の疑問。 | イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ | 一日若返ったタロ助…>>
ありがとう!FC2 Blog Ranking
この記事のコメント
男だったら一度はヒッチハイク・野宿・一人旅
やってみたかったなwwi-237
一度だけ、一人で1泊の旅行に出掛けた事があります♪
多分、生涯一度の一人旅(^^;
楽しかったなぁ
しかしタロッちちさん、車が正面衝突?!
ご無事で何よりでしたが、映画のようなクライマックス
でしたね~(@@!!
2009-04-15 Wed 08:28 | URL | ☆華☆。 #jEdBk3EI[ 内容変更]
華さまへ
> 一度だけ、一人で1泊の旅行に出掛けた事があります♪
> 多分、生涯一度の一人旅(^^;

ふふふ、華さま「ローマの休日」の女王様みたい!

一人旅じゃなくとも、旅は楽しいですね。
こわもての家来たち(ワンコたち)を引き連れて気軽に遊びに行けるところが、もっとたくさんあったらいいですね。

2009-04-17 Fri 06:21 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。