スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
エヴァ キャシディ  『ライブ ブルース アレイ』
2009-03-31 Tue 11:46
桜1
一分咲き。やっと咲き始めた船橋川堤防の桜並木。

桜
気持の良い風が吹き抜けるが、雲にさえぎられるとまだやはり肌寒い。
急いで不思議公園まで走らせ散歩を終えることにした。


桜3
エヴァ キャシディ  『ライブ ブルース アレイ』
最近のヘビロテ。というかこれを聴いてからというもの他が聞けなくなってしまっている。
まったく知らなかったのだが、You Tubeでたまたま聴いてから心奪われてしまった。
国内CD発売なし。
1996年死亡、33歳。
生前はワシントンDCの一地方だけの人気にとどまる。

エヴァ キャシディ  『ライブ ブルース アレイ』を採ってから10ヵ月後には亡くなっている。
このCDの一曲一曲、いや一音一音がとんでもなく心に響く。
ジャズ、ゴスペル、ブルース、ロック、スタンダードさまざまなレパートリーを生命を紡ぐかのように歌っていくエバ。高音の伸びやかさは独特だ。いちどわずかにかすれ気味になって限界に来たかなと思うと、そこからさらに1オクターブも2オクターブも伸ばしていく様は魂の飛翔というにふさわしい。神がかりなのだ。
曲目も色んなジャンルの最高の曲をまぶしたかのようだ。
そしてすべてがその歌にふさわしいエバのアレンジで原曲をしのぐ。
このCDは歴史に残るだろうなあ。



スティングの名曲『フィールド オブ ゴールド』をどうぞ。


桜2
エバの歌声が鳴り響く中、お疲れのタロ助は布団にもぐりこんみ、へそ天で就寝中。
おまえは空気読めなくて幸せだな。

スポンサーサイト
別窓 | ミュージック | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。