スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
アイルランドの音楽事情
2009-02-20 Fri 21:59
グラフトン・ストリート
ミュージック7
ダブリンの中心にストリートミュージシャンが集まる有名なグラフトン通りがあり足を運ぶ。石畳の歩行者天国になっており、富裕層が住むすこし「おたかい」地域だ。
大阪などでは京橋や梅田の陸橋、大阪城公園などが活動の場となっているが、あまり素敵な場所とは言いにくい。ダブリンのミュージシャンたちがいかに社会的に認められているかの証なのだろう。
18年ぶりかの大寒波にもかかわらず彼らは果敢にがんばっていた。

ブログでも紹介した「ONCE ダブリンの街角で」という映画のメインロケーションだったところでもあり、U2などメジャー級がたくさん輩出している。


テンプル・バー界隈
ミュージック5
酔いどれシェーンがおった。

ミュージック4
ヴァン・モリソン。会いたかったぜ。


パブでの演奏
ミュージック3
アーリントンホテル、パブでの演奏。
「Dirty old town」が聞けた!

ミュージック2
アイリッシュダンス。上半身は使わず、足だけで踊る。タップダンスのように軽快なリズムを打ち鳴らす。「リバーダンス」といった方が今は分かりが早いようだ。

ミュージック1
夜の11時ごろにホテルを抜け出してぶらりと入ったパブ。
12時くらいまで素敵な演奏が続いた。
最後は、満席のお客が総立ち。スタンディングオベーションかと思いきや、アイルランド国歌だという。

ミュージック6
ニセモノ。

ミュージック
ミーハー。


アイルランドの音楽事情を語るには知識も経験もない。
ただ5日間滞在しただけの印象に過ぎないのだが、歌も演奏も素晴らしいレベルだった。
到着初日に、教会の正式なセレモニーに参加させてもらったのだが、そこで歌われた数曲の賛美歌は地元の10人ほどの合唱団だった。彼らの歌は古い教会の透徹した空気をうちふるわせ、何も知らない異国の二人も充分宗教的な気持を抱かせるものだった。
スポンサーサイト
別窓 | ミュージック | コメント:9 | トラックバック:0 |
<<アイルランドのお国事情 | イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ | アイルランドの二人だけの事情>>
ありがとう!FC2 Blog Ranking
この記事のコメント
リバーダンス!!
見てみたいで~す!!
いや、踊ってみたいで~す!!
軽いお酒と良い演奏・・・(あくまでも軽いお酒)
憧れる~~!!
でも・・最後の国歌に・・笑!!
アイルランドに行く際は是非国歌も覚えて
行きたいと思います!!
2009-02-21 Sat 01:45 | URL | ☆華☆。 #jEdBk3EI[ 内容変更]
華さまへ
きゃ~!
リバーダンス踊っちゃうのですか。
スンッゴイすね華さま!ついでにニクスにも仕込んで一緒にダンスダンスダンス♪

アイルランド国家知りませんでした。
ほとんどのパブで演奏の締めは国家らしいっす。

日本では考えられないですね。そんなんしたらドッチラケですもの。

是非、アイルランドへ旅立ってくだされ~!!
2009-02-21 Sat 22:30 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
生の演奏・・・
いいですね。現地で現地の音楽に触れる。。。

私も20数年前、Bill Monroeを見に行ったのを思い出します。
billmon(本家)は、スコットランド系の移民の末裔だったように思います。でも、同じようなダンスを踊ったりします。Clog Danceで検索すると、また色んなのが出てきます。

billmonが自身のペン叔父さん(フィドル弾き)に捧げて作った曲アンクル・ペンを演奏する時、興が乗れば踊ります(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=CpH8Wu9DbjM

こういう方達も踊っていますね!
http://www.youtube.com/watch?v=PmMSBn7gtiU

アイルランドやスコットランドとかで微妙に違ったりするんでしょうけど、似ていますね。そう言えば、こんな感じで?ブルース・ブラザースも踊ってなかったっけ?(笑)

・・・アメリカでは、州歌がとても大切にされているみたいです。演奏が始まると皆立ち上がります。
起立を強制する国もあったりするようですが、、、(笑)
2009-02-23 Mon 12:38 | URL | billmon #75hg9OPQ[ 内容変更]
アンクル・ペンの演奏、、、すごい早いなぁ、、、、。
カントリー系の楽器が入っていますね。それでかな(笑)。
2009-02-23 Mon 12:50 | URL | billmon #-[ 内容変更]
billmonさまへ
ヴァン・モリソンは北アイルランドでコンサートもあまりやらない。
会うのは無理でしたが、パブで彼の「ブラウン アイズ ガール」を演奏していました。
それだけでじゅうぶん満足しました。

ケルティックの影響もあるカントリー音楽、惹かれますね。
素敵な曲をまた紹介してください。

毛深い連中の見事なリバーダンスもすごかったですが。(笑)
2009-02-24 Tue 18:16 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
こんにちは!
タロッちちさん。展示のコメントありがとうございました。
私ったら。一枚も書かなかった。。。ごめんなさい。
参加していても書いてよかったんですね。(^_^;)

で、こんなところでビルモンローとリッキースキャッグスに会えるとは思いませんでした。(笑)
私は大学時代bluegrassをしていて、マンドリン弾きだったのです。ww
アイルランド、ステキですねー。
アイリッシュはまだあまりしらないんですよー。
なのに、ライブしちゃいましたが。(^O^)
ティンホイッスルとコンサーティーナ。練習しなくっちゃ。。
2009-03-14 Sat 20:44 | URL | uraran #Yulr60n.[ 内容変更]
uraranさまへ
水仙峡のお写真、一番人気だったのですね。素晴らしい~!
気持の良いショットだったですものね。

友人Aさんからライブの話は聞きました。
コンサーティーナを演奏されたようですね。聞きたかったな~。是非一度お聞かせてくださいませ。
今でも、というか、最近でもブルーグラスのサークルなんかあるのですね、ちょっと驚きました。女性のマンドリン弾きはめずらしい!すごいですね、uraranさん!!
2009-03-16 Mon 18:37 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
いえいえ。。。
ツケ刃でしたんですよ。
ホイッスルも1ヶ月だけ習って。
コンサーティーナはチョロチョロっと弾いただけで。(^_^;)

女性のマンドリン弾きは、私が大学の頃はすでに多かったですよ。多分今でも。。。
今はもう、私たちの子どもたちがバンドを組んでフェスに出ているようです。
でも、私の知っている先輩達も現役ですが(笑)

人気投票。。。たぶんね、投票数全体が少なかったんじゃないかなー。手元に来たのは3枚でしたから。(爆)
2009-03-17 Tue 20:39 | URL | uraran #Yulr60n.[ 内容変更]
uraranさまへ
なにか友人Aが企んでいますね。
打ち上げのライブをやらかそうとしております。
僕などにも出ろというほどですから、しっちゃかめっちゃかになるのは明らかなので僕は尻込みしています。

uraranさまも巻き込まれる可能性大かも。
2009-03-21 Sat 13:22 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。