スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
タロ助、ヘッドホンで聞きくらべる
2008-09-26 Fri 11:53
0925-1.jpg
レコードアルバム  「Jesse Winchester」 ファーストアルバム 1970年発表。日本国内発売は1980年。

アルバムには僕のお気に入りThe Bandのロビー・ロバートソンやレヴォン・ヘルムが参加している。
ジェシーはアメリカ南部人だがベトナム戦争しませんってカナダ人になったミュージシャン。
歌、演奏とも渋すぎるくらいしぶくて、それでいてとても熱い!!
ジャケも印象的なジェッシーのアップ。
しかし展望のない顔してるなあ。ま、徴兵忌避という一般社会からドロップアウトしてしまったのやからこんな表情になってしまうか。戦争は参加してもしなくても若者の未来を奪ってしまうのやなあ。


「おやじ、こ、これなかなかいけてるで…。グッドミュージックやね、オッケーよん」  (タロ助)

ヘッドホン  ソニー製  MDR-D66
いわゆるドンシャリのヘッドホンだが、携帯に便利でいつも使っている。
コーティングがはげたりしてもう限界にきているが…。 



0925-2.jpg
レコードアルバム The Beatles 「REVOLVER] 1966年発表。

ビートルズが日本に来たときが1966年だ。当時小学生の僕はテレビを見て驚いた。メンバーがカメラに向かってふざけたポーズをして通り過ぎていく。テレビカメラの前であんなことするものはあの時まで誰もいなかった。
イエスタディ、ザナイトビフォア、ヘルプ、アイムダウンの4曲入ったEPレコードを当時聞いていたが、ヘルプやアイムダウンのシャウトにはびっくらこいたものだ。訳もわからず「ニッサンバーレルヘルプ…」とクルマの名前のように歌っていたことを思い出す。
このアルバムは友人からいただいたもの。

「これがビートルズか、そないうるさくないやん。かっこええんちゃう、オヤジ」  (タロ助)


ヘッドホン ローランド製 RH-D30
さすがモニター用だけあって音が粒のように立ってくる感じだ。
フラットだからこそ聞こえてくる音があるのだ。
ドンシャリになじんだ耳でもこの違いはわかる。
ソニーのヘッドホンのかわりに購入したが、携帯するには勇気がいる。
音楽業界の人と話をしたときのこと。ヘッドホンはさぞかしええもの持っているのかと思いきや、「いや普通のみんなが使ってるヤツで聞いてます。それで売れるかどうかですねん」
なるほど、でもちょいと悲しいはなしでもあるな。



0925-.jpg
レコードアルバム ジョン・コルトレーン 「バラード」 1963年。

ジャズとの出会いは大学生で京都に出てきてからだ。
真っ暗なジャズ喫茶で聞いたコルトレーンの「マイフェバリットシングス」に驚いた。
ロックばかり聞いていた僕は、このすさまじい迫力ある演奏に度肝抜かされた。
メロディは「サウンドオブミュージック」に出てくるとても愛らしい曲なのだが、それが怪物のように真っ暗な店内を駆け巡ったようだった。
このアルバムはとっても情緒あふれる佳品。
いつもこころ癒してくれる。

「オヤジ、もうあきたわ」  (タロ助)

そうやな、お前にはこれはまだ早すぎるな。

ヘッドホン  ボーズ製 TriPort
これはタロッママので、時々だまって拝借している。
ドンシャリ系だが、ソニーと比べると断然音はいい。

ヘッドホンもデジタルプレーヤーも時々ひどいものがある。
これはドラムの音、ギターの音、ボーカルはジョンの声と頭で納得させないと、エッこれ誰?何の音?って時がある。売らんかなの世の中、便利になって質が悪くなることもあるのだ。
さき程紹介した業界の人の話とも符合する話ですわ。




スポンサーサイト
別窓 | ミュージック | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<犬コロと人コロのスタンドバイミー | イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ | コーヒータイム パート2>>
ありがとう!FC2 Blog Ranking
この記事のコメント
あれはいつの頃だろう・・・
小遣いで買ったVictorのHP
プラグがラジカセに刺さらなくって慌てて変換プラグ買いに行ったっけ
深夜に親の目盗んでラジオ聞く為
小五月蝿いご近所の目気にしないでステレオ聞く為
初めて買ったLPって「展覧会の絵」やったなぁ
茶色い耳当て?んとこが劣化でボロボロ剥げて来て
もう捨てちゃったけれど・・・

なんか懐かしい事思い出しました
ありがとちち殿^-^b
2008-09-27 Sat 12:04 | URL | 王様 #-[ 内容変更]
王様へ
展覧会の絵は、ムソルグスキーのクラッシックでしょうか、エマーソン・レイク&パーマーでしょうか?
もし、後者でしたら、私は甲子園球場で生を聞きました。ついでに乱入して・・・グランドを走ってきました(汗)。

ちちへ(変なかんじ)
いい、ヘッドフォンお持ちですな。大昔パイオニアのを持っていましたが、今は子供だましのようなものを使っています。
以前、番組をやっていた時、放送局のヘッドフォーンを使っていて、フィドル・プレーヤーの鼻息が聞き取れました。ええヤツはちゃう!
コルトレーンのバラッドは、、、寝る前に聞かないと駄目ネ。これを聞くと脱力します(笑)。キライちゃうで。

2008-09-27 Sat 14:58 | URL | billmon #1BFVFNzU[ 内容変更]
王様
そうなのね、ヘッドホンて消耗品。あのイヤーパッドは何であんなになさけない作りなのかしら。
ローランドのヘッドホン、そこのところも改良されてゴムっぽいつくりです。
ムソルグスキーですよね。
王様は、ELPなんぞ世代が違うっしょ。
2008-09-27 Sat 16:13 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
billmonさま
あらら、ELPの野外コンサートを中止に追い込んだのはbillmonさんでしたか(滝汗)。
まあ歴史に残る場所におられたのですね。いまでもあれは語り草ですよ。

ジャンキーで荒れすさんだ生活をしていたころのM・デェヴィスが演奏する、「イッネバーエンタードマイマインド」泣けますね。
あんなに美しい曲をどうしてズタズタ生活のジャンキーが作れたのか、それだからこそ作れたのか?僕にはとっても興味ある謎です。

2008-09-27 Sat 16:25 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
こだわりますね~
音楽は私のジャストより若干前(すみません・・)なので、コルトレーン以外は???でした。
ジェシー(?)探してきいてみたいですね~v-410
ヘッドフォン、音へのこだわりはすごいですね。
私はその辺には全くこだわらないのですが、例の如く、父が。。。プレイヤーやスピーカー、挙句にはダイヤモンド針へのこだわり・・・好きな音楽というよりは「音」の好きな父の一番の思い出は、「朝4時の爆音」
パイロットになりたかった父が、ある日買った「飛行機の音特集」みたいなレコードセット。
それを日曜日の朝4時に、家中が振動するような大音量で
「ぶおーーーーー!!」と起こされ、怒った私と妹に一言。
「スピーカーがいいと音が本当に素晴らしいね。」
ちち様の様にヘッドフォンにこだわって聞いて欲しかったな~v-390
2008-09-28 Sun 11:34 | URL | のん #mQop/nM.[ 内容変更]
のん様
いや~、実にすてきなお父様ですね。娘たちに怒られても感動の余韻に浸ってられる度量の大きさ!!
人間はこうでなくっちゃッ!

朝四時の爆音!確かに聞いてみたい。世の中が一番静寂をとり戻した時間に、一切の雑音なしにオーディオの再生音だけで確かめたい衝動はとてもわかります。
やってみっか…。

あ、自家焙煎はすみません、あきらめました。
あこがれ、のままにしときます。
というのも、今現在のアタチのポリシーはいかにおとくか!なので
生豆を買うことはそのポリシーにちょいと外れる事が判明しやした。
生豆は焙煎豆より少し安い、オトク!と思っていましたが、よくよく考えるとそうでもない。
つまり生豆300グラムは焙煎豆300グラムにならないという事です。
コーヒー豆は量り売りの世界。
水分を多く含んだ生豆は当然重い。
中煎りと深煎りであれだけの違いですから、生豆を300グラム買わなければ比較はできませんが、それ以上の違いは明らか。
生豆が安いと飛びついたら損するでしょうね。

あまりにも大阪庶民派代表でえらいすんまへん。
2008-09-28 Sun 17:41 | URL | タロッちち #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。