スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ナチュラリストの一枚看板
2007-08-24 Fri 10:32
犬に服 愛護すぎれば 拘束着
服を着た犬が散歩していると、かわいそうにもっと犬らしく自然に暮らしたいやろうに、と思っていた。

タロッが家にやってきたのは真冬の2月。超短毛種のイタグレには辛い季節だった。ヒーターの上でまるくなりストーブの前でいつも暖をとっていた。散歩もままならず、風が少しでもふけば脚プルプルで動けなくなっていた。
「♪雪やこんこんあられやこんこん♪ってタロッは知らんやろうけど、あんたそんなんしてたら猫と間違われるで」

もう『犬に服』と躊躇していられなかった。

♪かあさんが夜なべをして~♪
チチはせっせとタロッウェア、編んだだよ。

といってもフリースジャケットのお古で腕の部分を利用。一着でなんと犬コロウェア2着できちゃうのだ。
前足のところは楕円状に切り抜いて、背中から腰のラインだけ縫ってやった。
フリースは切り目を入れてもほどけにくいので末端処理も必要ない。
首の長いイタグレの異様なスタイルにもぴったり。
20070824104932.jpg


散歩に連れ出すと、走り回って快調だった。
少々汚れても、洗えばすぐ乾くし、保温力、軽さ、伸縮性もあり、パピー犬には最高のウェアと自認。

2か月から5か月までのおちびさんにはちょうど良かったが、胸も厚くなり体重6キロとなったタロッに、来年この手は使えない。
しゃあないから今度は足を使おう。
え~とどこかにフリースのパンツはなかったかいな。
ドッグウェアが一着平気で5、6千円することを考えると来年もプライベートタロッブランドを立ち上げざるえない。
20070824105047.jpg


なお、このくそ暑い夏でもイタグレは服が必需品。
毛がないけど、ケガたくさん。
活動的なこの犬はプロテクター代わりに服を着用させる。
単純ナチュラリストの一枚看板だった
「自然が一番エエ」
という人生訓をこともなげに打ち破った犬だった。
20070824105021.jpg

上がタロッママのフリースジャケット、
下がタロッちちのフリースジャケットだった。
スポンサーサイト
別窓 | ウェア | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ナチュラリストの崩壊 | イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ | ナチュラリストとゼニゲバ獣医の対決>>
ありがとう!FC2 Blog Ranking
この記事のコメント
これは かなりすぐれもの。
資金ゼロだし。

作ろうとして、わたしは、仮縫いでお手上げ。
タロッちちは、さっさと仕上げました。
『モノ作りは、いいかげんに、テキトーに』
彼のモットーは正解。

そして、07年秋モデルも、すでに完成しているようです。


2007-09-05 Wed 13:39 | URL | タロッはは #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。