スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ハダカイヌとカハンシンハダカビト
2011-09-27 Tue 21:44

チビ助、1歳半くらいになると色々中途半端にできるようになり、親の手を焼かせてくれる。
この日はママの靴を嬉しそうに履いて、ハダカイヌと共に外に出ようとした。
が、この写真の左に紙オムツが写っているように、ママゴンの魔手は迫っている。
自由を求めて2個の小さなソーセージは激しくふりふり遁走を繰り返していた。

またこんな事もしょっちゅう、コーヒー豆をミルで挽いてくれるが出てきた粉を一面にまき散らかす。

はたまた、いないいないバアーをして自分の頭の重みでこけたり、琵琶湖で水遊び中自分の手をぐるぐる回しすぎて水没したりと、笑ってしばらく見ていたいくらいのアホさ加減がある。
楽しいヒトになりそうな予感があるが、同時にいつもダチからワライモノにされる悪寒の方が大きく親としては一抹の不安もある。
ヒトは変わるものだが、できたらこんなチビ助を普通に受け入れくれる社会になって欲しいと思う。

勝手なことを言ってるよなあ…。
まあ親は当てにならないとあきらめよ、チビ助よ!お前らの世紀だ、がんばれ!!

スポンサーサイト
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。