スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
築30年の我が家  リフォームその1、トイレの壁
2010-07-30 Fri 16:12
築30年の我が家は、見直せば相当いじらなければならない。
自分たちでリフォーム出来るところ、出来そうなところは未経験ながら大胆にやることにした。
まず
▼ トイレの壁周り
    ベニヤ板から漆喰壁へ変える。
▼ 台所の壁周り
    石膏ボードから漆喰壁へ変える。
▼ 庭木の伐採
    直径20センチくらいの立ち枯れた杉の木の伐採、4メートルくらいの金木犀の剪定。
▼ 雨水の排水
    増築部分の雨樋の排水設備がない。地面を30センチほど掘りそこに雨水を貯めて自然にエコ排水。
▼ 手すりの撤去
    家中に張り巡らされた手すりを撤去。
▼ 照明器具の装着
    シーリングは簡単だが、直付けしなければ出来ない照明。
▼ 木部の汚れ、穴
    との粉でふさぐ。

このくらいは自分たちで出来そうだった。



そして、自分たちではとても出来そうにないものが次のもの。

● お風呂、洗面所
    湯船が錆び、漏れている。水道管などがむき出し。
● ベランダ
    鉄骨が腐り崩落寸前。
● 割れた窓ガラス
    取替え。
● 台所のドア取り付け、腰板張り。
    手すりが取り付けられていた関係だろう、ドアが撤去されていた。

これらは専門家にリフォームを見積もってもらった。


さあ、まずはトイレから。

トイレの壁を漆喰に塗り替える。
トイレ1
漆喰は7畳半の台所とトイレの分で80キロ用意した。
壁に鏡の付いたニッチを作りたかったのでカッターで切り抜いた。

サッシ窓の上にある換気口は必要ないと判断し、塞ぐことにした。





トイレ2
マスキングテープと養生用のシートを張り巡らせた。

タロママが漆喰に挑戦。
大学時代に絵やデッサン、製作を専攻していただけになかなか堂に入っている。



トイレ3
家にあった鏡を壁に埋め込んだ。


トイレ4
換気口はよく鳥が巣をつくる場所だ。
うちの元換気口にも巣を作ってもらった。

そのうち卵を産んでくれるだろう。







スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
珍客さん
2010-07-29 Thu 09:45
アマガエルと対峙
ある日、玄関に珍客さんが佇んでいた。
早々に客間に招き入れると、ビビリアン・タロ助氏があいさつに来た。

3センチほどのアマガエルがトノサマガエルにみえ、タロ助氏は足軽に見えた。




別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:1 | トラックバック:0 |
日没、出航!!
2010-07-28 Wed 09:38
初出航1
琵琶湖に引越して2ヶ月以上がたっていた。
色んなことがあったが、自分たちのもっともやりたいことが出来ずにいた。

でもできないからと言ってストレスではなかった。
色んなことが楽しすぎたのだ。

日が暮れてから、最近の夕焼けの美しさはため息モノだった。
この夕焼けを湖上からみるために、カヤックを組み立てた。
ボイジャー460T(アルフェック)。二人乗り艇だが、首のまだすわらないチビ助のライジャケはないので、同行者はタロ助となる。

タロママが漕ぎ出した。

波一つないしずがな湖面に夕焼けが映し出されている。
カヤックは陸の闇から湖上の夕闇へ吸い込まれていった。

比良山系をシルエットに見事な夕焼けが広がり、刻一刻とグラデェーションを変化させている。




初出航
携帯ではなかなかうまく撮れなかったが、あざやかな琵琶湖の夕景だった。

家の前で組み立て浜まで二人で運んだ。
すぐに漕ぎ出せる浜があるだけでも嬉しいことだが、その浜までわずか歩いて2分なのだ。
帰りもラクチン。
あたりまえだが、こんな「旅」は未だかってなかった。

家に帰っても二人はゆるんでいる。喜びの消失する時間がなさすぎるのだ。

無理やりライジャケ着せられた犬だけが消沈していた。





別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。