スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
花器で飾る
2010-06-13 Sun 06:26






一輪挿しの花器を買う。

碗を買うために訪れた比良麓湖窯で手に入れた。


自宅から初めて一家総出でジムニーくんに乗り出発。20分ほどで着いた比良麓湖窯は蕾をつけた紫陽花がたくさん待ち受けた山里に近いところだった。
人の良さそうな窯元は、僕たちが気に入った花器を見るなり「これはここに隙間があるので、あげます」と気前よい。
それは使用するには全然支障のない場所だったし、喜んで頂いた。

満月のような花器は玄関先の電動ドライバーで打ちつけた壁に、ピタリとおさまった。
たぶん何十年もなにもなかったこの広い壁が「ほっ」と息継ぎしたように思った。
古い家を買う楽しみは、家と対話しながら手を入れたり、支えたり、飾ったりできるのでゆっくりのんびりいくしかない。

さて、荷ほどきは一向に進まないのであるが…。

スポンサーサイト
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
琵琶湖で一ヶ月目。
2010-06-11 Fri 09:43
桟橋
晴れた日になれば、地元の子どもたちは裸で泳いでいるが水泳シーズンにはまだ間がある。

いつか来る賑わい日のために、ショベルカーが入り、砂浜や桟橋を整備していた。



桟橋1
水泳区画をぐるっと桟橋で囲むのは、過剰な保護のようにも見えたが、渡ってみるとこれが結構おもしろい。
ちょっと水面歩きの忍者の様でもあり、スリルを楽しむためになんとなく走ってみたくなる。

水の苦手なタロ助にはいい迷惑のようで、沖の方にはまったく歩こうとしなかった。
浜へ向かう時だけおそるおそる脚をだした。これから琵琶湖犬として泳いだり、カヌーに乗ったりしないとだめなのにコイツは大丈夫だろうか。

ベイビーは浜風にそよがれながら薄目をあけている。
きっと今年から泳ぐのだろう。



桟橋2
琵琶湖の波と満月に魅了されたタロッママだったが、この地の日常にもココロをはずませている。

巨大ビルや大量な消費志向、目的物までの直線的な行動パターンが交錯する都会生活を離れて失ったものより、田舎生活でみつけた自分サイズの感性が気持ち良いのだ。




朝日2
琵琶湖の対岸から朝日があがり、
小さな漁港に波が立ち始める。
今日の仕事がはじまるのだ。




朝日
近くにはこじゃれたイタリアンレストランもある。
かなりひろく湖岸を所有しているみたいで、一度入ってみたいところだ。

犬とベイビーと僕たち二人の琵琶湖生活は始まったばかりだが、
いまのところ想像以上に充実している。



別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
タロ助、保育所デビュー!
2010-06-09 Wed 19:22






浜まで家から1、2分。
その浜に保育所がある。
じつはタロ家のベビーはここにと決めている。
入れるかどうか分からないが、琵琶湖が見えてお散歩もこうして浜歩きがてきるなんて恵まれているのだ。

今日はいち早く兄貴分のタロッが保育園にデビューしてしまったのだ。

2才児クラスの元気っ子たちに脚を踏まれたり、砂をかけられたり、たたかれたりともみくちゃにされて泣き顔で帰った兄貴だった。



別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。