スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
京都 祇園に泊まる。
2009-12-21 Mon 23:56
祇園
国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている祇園白川の「白梅」に、先日泊まった。
お茶屋として150年の歴史があり、今は料理旅館を営んでいる。
宿も料理も器も接待も素晴らしかった。
ロケーションも最高の場所にありながら、けっして格式ばらない。
一流の伝統に裏打ちされた『もてなし』とはこういうものか、とつくづく感心した。


祇園4
京懐石は見て舌で味わうというが、でてくる一品一品が手が込んでいる。
ユニークな仲居さんが「ただではださない」とその手法を表現したが、まさに板前の心意気がこもったひとしな達であった。


祇園5
十数品目、70~80種類の食材をたっぷり2時間30分かけて味わった。


祇園3
時間をかけて食べるので、お腹にやさしい。いたずらな満腹感がない。


祇園6
お部屋にはエアコンがつけられているのだが、天井裏にかくされておりまったく見えない。
さらに床暖房がはいっている。畳なのにどんな仕組みなのだろうか。
気持ちよくて、出かけるのが億劫になってきた。


青蓮院1
なんとか「白梅」天国から抜け出し、本日のもうひとつの目的、青蓮院門跡を訪れた。
夜間拝観がこの12月14日までできたのと、平安時代からはじめての一般公開だという「青不動」を見るために。
願い事をひとつしたため、さしだした。
いったいこの「青不動」はどれだけの祈り、願いを見届けてきたのだろうか。
この時期に平安期以来の公開にふみきった門主の決意。
「青不動」の怒りは、鎮まることができるのだろうか。



南禅寺
学生時代以来の拝観となった南禅寺、三門。
これだけ大きな門はあまりない。古来、門というものは防衛のために小さく作られ、敵を遮る役目をもっていた。
京都を一望するこの門には敵などやって来なかったのだろうか。
仏門の大きさが、御仏のこころの広さを表したのかもしれない。

門などないほうが、万人に開かれているといえるかもしれないが…。


タロ助はこの間はじめてドッグシッターさんにお世話になった。
朝夕と2回、自宅で食事や散歩の世話をしていただけるのだ。

ドッグホテルより、犬のストレスはかなり小さくなる。
これから時々お世話になろうと思っている。

ボトル2
スポンサーサイト
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
タロ助の入信
2009-12-18 Fri 19:09
ブログや音楽、ドッグ関わりだけでなく何かとお世話になっているとっても古い友人から、素敵なプレゼントが届いた。

クリスマス、クリスマスなどと世間が騒ぐものだから、毎年小さなケーキくらいでお茶をにごしてきた無宗教いいとこどりのタロッちち。
今年は、はからずも毎年意味不明ながらあこがれていたリースをいただいた。

いただいた今もリースが何のためにあるのか分からない無知なワタクシ。

でも、このたくさんのグリーンから湧き上がってくるさわやかでなんとも心をいやしてくれるふくよかな匂いは、宗教を信じてもいいような雰囲気に浸らせてくれるのだ。いつも冷たくあしらっている『エホバの証人』がこの瞬間に戸をたたいたなら、僕はきっと連れ去られていたに違いないとおもう。
さらに、このグリーンがWETからDRYに変わっていくのも素敵なのだそうで、そのあいだに一切の宗教的勧誘がないことを祈るしかない。(なにやらすでに胡散臭くなってきた)

T氏から



タロ助はこちらの匂いに引きつられたココロ貧しきハングリードッグだ。
T氏から


ディラン・フリークにはうれしいDVDまで一緒に。
T氏から5


こちらはわざわざ僕のためにレコードからダウンロードしてBillmonさんが作ってくれたCD。いろいろなブルーグラスが楽しめる。
T氏から11


たくさんのプレゼントでスキができた。犬はそのスキをけっして見逃さない。新年用の福梅を持ち逃げされてしまった。
「こらあ~、盗ったらあかんやろ!かす!!」  
なりそこねの宗教家から怒鳴られた犬。
T氏から6


玄関の壁に釘を打ち込んでリースを飾った。

宗教的雰囲気に満ち溢れた我が家の玄関に「パンフレットをお持ちしました。なにかお悩みはありませんか?」とやってこられたら、かわりにアルジから怒鳴られ悩み多き犬、タロ助を入信させようと思う。
T氏から3

別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:6 | トラックバック:0 |
Flexi リードの補修
2009-12-02 Wed 20:08
切れかけたリード
タロ助に切断寸前まで噛まれたリード。
何かの拍子にいつもと違うところに繋留したりすると、こんなことになってしまう。

切れかけたリード1
じつはこれで二つ目だ。
まったく同じところをやられてしまった。
最初のリードはプロに修理させたがお値段もそこそこだったので、今回は自分で補修。


切れかけたリード2
見栄えも気にせず、ハンドミシンでやっつけた。
強度のいる場所だが、蝋引きされた革紐なので引っ張られただけではまず切れない。


09晩秋
8メートル伸縮するリードなので、前後16メートル走ることができる。
小さい時からこれを使っていたので、タロ助もうれしそうだ。

放牧できない時などこの「Flexi」リードは便利なので手放せなくなっている。
しかし、犬は噛むもの。
数回ガブガブして切れかかってしまうのはいただけない。
あと、メンテができないところも気に食わない。というのは、一個目は切断されたリードは修理されたものの、巻き込むバネがへたってしまい使い物にならなくなったのだ。グリスやオイルをさしてやればこんな短命なことはなかったと思う。
ここら辺の改善を望みたい。


09晩秋2
「オヤジ、なにゴチャゴチャ言うてんねん。たまにはドッグラン連れてけよな」  (タロ助)


09晩秋3あ
別窓 | リード・カラー | コメント:3 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。