スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
アイルランドのお国事情
2009-02-24 Tue 17:54
リフィ川dublin12.jpg
ダブリン市街を南北に分ける。
南は富裕層の住む町で北は労働者の街。
確かに南にはトリニティ大学(日本なら東大)、ブラウン・トーマス(有名デパート)、アイルランド銀行、有名ホテルなどが並ぶ。地価は世界で6番目に高いところである。
アイルランド人口420万人、ダブリン人口120万人にしては地価の高さが気になる。
アイリッシュタイガーと言われた好景気(バブル現象)の影響だろうか。

アイルランドでは20代で家を買うのが一般的だった。
銀行も頭金10%あれば融資してくれたようだ。
「アイルランド人はよく働き、よく休む」と現地の人は言っていた。


中央郵便局
dublin13.jpg
アイルランドは800年近くもイギリスの植民地支配を受けてきた。
ここはGPO、中央郵便局だ。イオニア式の柱廊玄関がとても郵便局とはおもえない。
長いイギリス支配からついに1916年のイースター蜂起(アイルランド独立運動)を迎えたその中心地(司令部)がココなのだ。蜂起は鎮圧され指導者たちはイギリス軍によって処刑されたが、屋上のアイルランド国旗がその偉業を称えている。

市庁舎
dublin8.jpg
コリント式の柱が優美だ。
dublin7.jpg
天井。
この市庁舎も義勇軍や政府軍の拷問部屋などもあったと言う。

dublin6.jpg
街中にはこんな立派な建物がいっぱいだ。
イギリス、ジョージ王朝建築スタイルが守られている。

「ザ・クラレンス」ホテル
dublin5.jpg
U2のボノとエッジが経営するクラレンスホテル。
内装は現代風に改装できるが、道路側は厳しい規則がある。
そんな中でボノは超高層のスタジオをダブリンに建てるとかで、議論を呼んでいるらしい。

dublin3.jpg
ジョージアンスタイルのアパート。
最高級のお家賃らしい。

ダブリンの港と空港を結ぶ地下トンネルを走ったが、ここの面白いエピソードを聞いた。
アイルランドは好景気で輸出・入もうなぎのぼりだったため、交通渋滞がひどくなりその緩和のためにこのトンネルを作った。トンネル掘りの技術がないため日本の西○建設(トンネル屋)に依頼。
しかし、出来たトンネルにはヨーロッパを行き来する肝心のコンテナ車が入れない。数センチ高さが足りないと言う。アイルランド国内のコンテナ車は大丈夫なのだが…。
いったい何のために作ったのか、西○建設とトラブっているらしい。


トリニティ大学
dublin1.jpg
サミュエル・ベケットのいた大学。
1592年、エリザベス1世によって建てられた。
図書館が素晴らしい。アーチ型の10メートルくらいの屋根を持つ木造の建物で、古書が20万冊ギッシリと天井まで積まれている。
『ケルズの書』という有名な本がここに保管されている。
学費は安く、再度大学に行きたいとなれば何歳からでも入学できる。
その際生活費まで支給される。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
アイルランドの音楽事情
2009-02-20 Fri 21:59
グラフトン・ストリート
ミュージック7
ダブリンの中心にストリートミュージシャンが集まる有名なグラフトン通りがあり足を運ぶ。石畳の歩行者天国になっており、富裕層が住むすこし「おたかい」地域だ。
大阪などでは京橋や梅田の陸橋、大阪城公園などが活動の場となっているが、あまり素敵な場所とは言いにくい。ダブリンのミュージシャンたちがいかに社会的に認められているかの証なのだろう。
18年ぶりかの大寒波にもかかわらず彼らは果敢にがんばっていた。

ブログでも紹介した「ONCE ダブリンの街角で」という映画のメインロケーションだったところでもあり、U2などメジャー級がたくさん輩出している。


テンプル・バー界隈
ミュージック5
酔いどれシェーンがおった。

ミュージック4
ヴァン・モリソン。会いたかったぜ。


パブでの演奏
ミュージック3
アーリントンホテル、パブでの演奏。
「Dirty old town」が聞けた!

ミュージック2
アイリッシュダンス。上半身は使わず、足だけで踊る。タップダンスのように軽快なリズムを打ち鳴らす。「リバーダンス」といった方が今は分かりが早いようだ。

ミュージック1
夜の11時ごろにホテルを抜け出してぶらりと入ったパブ。
12時くらいまで素敵な演奏が続いた。
最後は、満席のお客が総立ち。スタンディングオベーションかと思いきや、アイルランド国歌だという。

ミュージック6
ニセモノ。

ミュージック
ミーハー。


アイルランドの音楽事情を語るには知識も経験もない。
ただ5日間滞在しただけの印象に過ぎないのだが、歌も演奏も素晴らしいレベルだった。
到着初日に、教会の正式なセレモニーに参加させてもらったのだが、そこで歌われた数曲の賛美歌は地元の10人ほどの合唱団だった。彼らの歌は古い教会の透徹した空気をうちふるわせ、何も知らない異国の二人も充分宗教的な気持を抱かせるものだった。
別窓 | ミュージック | コメント:9 | トラックバック:0 |
アイルランドの二人だけの事情
2009-02-18 Wed 03:00
アイルランドに行った二人だけの事情、目的、それはweddingである。

じつは、入籍はしたものの結婚式をあげずに2年が過ぎていた。
アイルランド行き計画が固まってから、自分たちの好きな場所で式を挙げたい、と考えるようになっていった。

ドレス、靴、ティアラ、グローブ、ヴェールなどすべてをそろえバッグにつめこんだ。
ビデオカメラ、バッテリー、三脚、アイロン、ドライヤーなども必需品だった。

すべて二人だけでそろえ、準備し、化粧し、衣装をつけ、二人だけの言葉を用意した。
撮影も二人だけでおこない、weddingセレモニーを行う段取りで旅立った。

ホームステイ先や旅行関係者には一切言わなかった。言えば迷惑がかかると思ったからだ。
誰にも迷惑がかからないように、田舎道の路上でやるつもりだった。
だから行ってみるまで全くロケーションはわからなかった。行き当たりばったりのパフォーマンスにすぎない計画だった。

それでも二人にはなぜか心配ごとなどひとつもなかった。うまくいく当てなど何もなかったが、失敗するなどということも全く考えられなかった。二人は無鉄砲なのである。


wedding3.jpg
ホームステイ先で、僕はひょんなことからここでweddingをしたいことを打ち明けてしまった。
大変驚かれたが、彼らは観光などの予定をすべてキャンセルして僕たちのweddingを支えてくれた。

全く知らなかったが、ホームステイ先のご主人はホテルを2つ持っていて結婚式場まであるのだった。
そこで撮影したらいいよ!と言われ連れて行かれた。こんな幸運にめぐり合うなんて信じられなかった。

アイルランドに着いた初日は予定が急遽変更になりご親戚の命日ということで、教会でセレモニーをしパーティにも招かれた。
結婚式を挙げに来た二人にいきなり命日か!と思ったが、これは素晴らしいセレモニーだった。


wedding4.jpg
ホームステイ先のジャックと一緒に。
ジャックはすぐにおしっこをもらす。お腹を向けてひっくりかえる。顔なめ、膝のりの大好きなワンコだ。


wedding5.jpg
パディーも人間大好きな実に賢いワンコである。ただし、大きい犬は許せない!

こうやって一緒にワンコと写真が撮れたのはほんとうにシアワセだった。タロ助はいないが、タロ助を抱いているようでもあった。

wedding2.jpg
ホームステイ先の素晴らしい螺旋階段を使わせてもらった。
家には結婚行進曲がながれ、ママはブーケを作ってくれた。

wedding.jpg
こちらはホテルの式場で自由に撮らせていただいた。

wedding1.jpg
僕たちの計画ではとてもこんなことはできなかった。
一瞬、一瞬が感動だった。

アイルランド人は結婚をとても大切に扱う。
日本みたいに2時間ですべてが終わったりしない。
ほぼ夜を徹して1昼夜お祝いをするのだ。
参加者は泊り込みが当たり前。式場近くの家は部屋をベッドアンドブレックファーストとして提供し、職場も「結婚式に参加するならOK」とすぐに休みをくれる。

僕たちの二人だけのweddingは、こんなアイルランド方式に真っ向反している。
にもかかわらず、最高の演出をしていただいた。

この1日だけでアイルランド人の度量のひろさ、暖かさにふれた最高の旅となってしまった。


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:19 | トラックバック:0 |
アイルランドのお犬事情
2009-02-14 Sat 21:25
ジャックとパディ1
お世話になったお家は、犬を2匹飼っていた。
JRTのジャック(左)とパディー(右)。
とても人懐っこいお行儀のよい犬で、人には全く吼えない。

近くのお城の見えるところまで散歩につれだした。

ジャックとパディ
やはり犬だ。家にいるときとは違い、散歩に出ると俄然テンションがあがった。

ジャックとパディ2
広いお庭に飼われている犬は、セントバーナード。
この隣家にも、黒ラブとラブ。
お世話になった家の隣もセントバーナード、ボクサー。
またパーティーに行ったお家には、ボクサー、アイリッシュセターがいた。

セントバーナードとパディ
パディーが果敢にセントバーナード犬に挨拶に行く。

脱走したジャック
ジャックとパディ3
ホームステイ先のお家はとてもひろい。庭もほとんど見渡すかぎりだ…。
ジャックとパディーのほかに、馬が4、5頭放されていた。

パディー(黒タン)の首にある黒いboxは、ワイヤーで囲まれた庭から出ようとすると電気ショックを与えるものだ。
2本の金属棒が突出しており、首に電気が流れる。
もっともその前に音が出るので学習できる仕掛けだ。


ジャックを探す
アイルランドに来て2日目にジャック(白茶)が脱走した。

心配して捜索する飼い主。

よく盗まれるらしく、彼が旅行中に3匹のうち2匹が盗まれたと話してくれた。

夜遅くに、隣家から電話が入り、ジャックは戻ってきた。

ジャックは電気ショックのboxを装着していなかったので、隣の羊を追いかけて遠出をしてしまったらしい。


犬を連れて旅行するのはまず無理
IRのMC
写真はタラ(世界の7大パワースポットらしい)で拾った、「スキャンしてね、マイクロチップ装着してっから」タグ。なぜかカラーごと落ちていた。

アイルランドの犬はほとんどMCを装着している。そしてこのタグは病院でタダでもらえるらしく、
遠慮なくいただいた。

デザインがいい。
アイリッシュセターが右左にキョロキョロしながら「スキャンしてちょうだい」と言っている。
アイルランドは犬だけではなく、羊や馬も多い。そうした動物たちもMCを装着しているわけで、動物の装着率は相当高いのではないだろうか。

タロ助もMCを装着しているので、いつでも海外渡航はできるはずと思っていた。

ところが、アイルランドの生体検査は厳しいらしく3ヶ月近くも抑留されるらしい。検疫検査に3ヶ月っていうのは犬を連れて旅行するのはまず無理ってことになる。


JRT.jpg
訪れたトリム城は霧の中だった。
幻想的な美しさの中から現れたのはかわいらしいロンゲのJRT。

ペットショップの生体売りは一切なし
JRT1
スキャンしてねのタグが付いていた。

アイルランドで身元不明の犬はどうなるかというと、やはりシェルターにあずけられる。
しかし、日本のように3日~1週間で殺されるようなことはない。半年(以上?)は大丈夫ということだ。

アイルランドはドッグレースが盛んな国だ。
主役はグレートハウンド。
そして、捨てられる犬もグレートハウンドが多いらしい。

ペットショップの生体売りは一切やっていない。
すべてブリーダーか、知り合いからか、もしくはシェルターからということになる。

麻薬犬
おまけ
これは日本に帰ってきたとき麻薬探知犬がお仕事していたのでパチリ(NGです)。
お散歩でもしているかのように荷物や渡航者の足元をうれしそうにかぎまわっていた。
さすがはラブちゃん!
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:8 | トラックバック:0 |
アイルランド、見たまま聞いたまま。
2009-02-14 Sat 12:31
アイルランドW1
昨日、アイルランドから帰国。たくさんの荷物とその足でタロ助を迎えに行った。

初日は遠吠えしたタロ助らしいが、その後はご飯もしっかり食べドッグランやマスコットガールのトイプー人形とよく遊んだということだ。P-WELLさん、ありがとう。

6日から13日まで、言わば「他人のメシ」を食ったタロ助はスマートになっていた。顔つきは落ち着きと精悍さを具え、身体もぐっとしまった印象だ。

短い滞在期間だったが、アイルランドの情報を少しでも発信できたらと思う。
アイルランドのお犬事情
アイルランドのお国事情
アイルランドの労働事情
アイルランドの結婚事情
アイルランドの福祉事情

などなど見たまま聞いたままのリアルタイムで…。未確認な点はお許し願いたい。
それらとは別に、今回のアイルランド行きは二人だけの目的があった。それもご報告できればとおもう。
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:10 | トラックバック:0 |
さらば!タロ助!!
2009-02-07 Sat 01:05
ホテル3
アイルランドに行っている間タロ助はホテル住まい。
ペットホテルでお世話になるのはP-WELLさんだ。
ここには屋上ドッグランもついており、タロ助はとてもお気に入りなのだ。

ホテル1
樟葉駅前にあり、ドッグトレーナーさんもおり、トリマー、ショップを併設している。
スタッフも含めなかなか素敵なところだ。

ホテル2
遠慮がちにお店をのぞいているように見えるが、早く入りたくて仕様がないタロ助。


ホテル
タロ助をいつも可愛がってくれるやさしいスタッフにリードを預ける。
しばしの別れだ、タロ助!たっしゃでな!!(泣)

「おほっ!ワンコ友達いっぱいいるやん」  (タロ助)
こちらには見向きもせずに無視するタロ助。

確かに、こっちのほうが楽しいかもナ…。

では、行ってきます。
さらば、タロ助!



別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:7 | トラックバック:0 |
アイルランドへ
2009-02-05 Thu 22:01
090205.jpg
3月なみの陽気に誘われて本日もヨドガワライオン探索に出かける。
王様ブランドのヤンキー服持参したが、この気温じゃ出番なし。

090205-1.jpg
タロ助、Mダックスくんに執拗にまつわりつく。このしつこさはちと異様、やっぱりメスよりオスか。



今日はワイドコンバージョンレンズをビデオカメラに装着した。
いわゆる28ミリ相当の画角になる。
さらに細工を施して音楽をマイクから入れた。
「Dirty Old Town」  The Pogues
アイルランドのグループでトラディッショナル・パンクとでも言うのだろうか。

実はあさってからタロッママと二人でアイルランドへ旅たつ。
タロ助は残念ながら近くのペットホテルでお世話になる。
旅先の宿はワンコダメと断られてしまったからだ。

アイルランドへ行くために4年ほど前からふたりで貯金をはじめた。

やっと念願かなう。




別窓 | 散歩 | コメント:6 | トラックバック:0 |
恍惚のヤンキータロ助
2009-02-04 Wed 20:11
淀川
ヨドガワライオンの探しに行く。
放牧していると、色んなものを食べ始める。
草、どろ、木片、ガム、鳥のうん○…
家に帰ってからたいがい吐き出す運命になるのだが、やめられない。


淀川1
「キョロキョロ。クンクン。おやじ、きょうも敵は恐れをなして逃亡したっぽいで」  (タロ助)

うむ、ヤンキーのイタグレ一匹ぐらいで逃げる敵ではないやろ。
だいたいおまえみたいにちんけなもの拾って食べたりしーへんからな百獣の王は…、きっと狐か狸をハンティングしに出かけてると思うで。

淀川2
「なんやねん!ヤンキーとライオンとどっちが強いとおもってるねん!!プンプン」  (タロ助)

そりゃかなりの異種格闘技やな、ま、勝負するまでもないやろ。


お邪魔虫1
ギターをかき鳴らしてると必ずやってくる。

お邪魔虫
じっとリスニングしてくれればいいが、ペロペロ、カリカリ、ギターやら僕の手にまとわりつく。
うしろに廻って顔だけのぞかせた。
だらしなく目は垂れ下がり、舌が伸び、よだれおちそな恍惚の表情に…。

別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。