スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今年一年ありがとうございました。 (動画)
2008-12-31 Wed 12:12
今年一年たわいもないブログにお付き合いいただき、まことにありがとうございました。
来年も皆さまよろしくお願いいたします。


いつもの淀川河川敷の様子です。


動画も写真も走っているところを撮るのは難しいですね。
ブレブレでごめんなんさ~い。
スポンサーサイト
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
4時間30分ライブ、H氏来訪!
2008-12-21 Sun 08:23
2才ケーキ1
タロ助のお誕生日に奮発されたお手製ディナー。
西洋梨、柿、にんじん、チーズ、ヨーグルト、さつまいもなど、タロ助の大好きなものばかりが選りすぐりだ~ッ。

H氏来訪1
タロッちちの職場で働き、ミュージシャンめざすH氏が訪れてくれた。
エフェクター各種、ワウワウペダル持参でギターを弾き、歌ってくれる。

H氏来訪2
鼻が故障するも、ティシュをつめてライブ続行!アーティストはこうでなくっちゃ!!
ノリ出すと気絶するまでやってしまうというH氏。
奥田民生あり、レッチリあり、ブームあり、ボブディランありと多彩。
この日も延々4時間30分のライブになってしまった。
終わったら深夜12時近く…。(滝汗)ご近所の皆様たいへんご迷惑おかけしました。(ぺこり)





別窓 | ミュージック | コメント:14 | トラックバック:0 |
タロ助、2歳。
2008-12-18 Thu 13:33
サッカー9
河川敷グランドへ放牧に行く。
携帯がなり、タロッちちの子どもが遊びに来ると言う。


サッカー2
バイクですっ飛ばしてきた子どもはサッカーボールを持ってきてくれた。
「サッカーなんかどこがおもろいの?」   (タロ助)
まったく興味を示さないタロ助。

サッカー1
「なんかここがええ臭いするで」   (タロ助)

しかし、ボールを蹴る音や動きに少しずつタロ助の身体が反応してくる。


サッカー
「サッカーってこうやるんか~」  (タロ助)
「手を使ったらあかん、ハンド!」  (子ども)
「手ちゃうし、前足!!」   (タロ助)
「えっ!おまえの全部足かい!!」   (子ども)


サッカー4
ボールを追いかける。


サッカー5
人影にさえ接触しないクリーンなプレイ。


サッカー6
軽快なフットワーク。


サッカー7
とおもったら、ガウガウ。


サッカー3
ラフなプレイも出てしまったが、怪我もなく終了。
お互いの健闘をたたえあう。

タロ助は今日2歳になった。
タロ助のおかげでたくさんの幸せをもらった。
お前のためにもその一つひとつを大切にするよ。

ありがとう。


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:11 | トラックバック:0 |
シルバーフォックス・ファー・ショールと真珠をまとったイタグレ発見!!
2008-12-11 Thu 13:18
大阪梅田地下街を足早に歩いているとなんか見慣れた姿のモノが、目の端にひっかかる。
「え、なんや。いまのは?」
と振り返り、バックして確かめる。
「お~っ!おまえはイタグレやないか!!」
長い首にはシルバーフォックスのファーがまかれ、さらに真珠の首飾りまでほどこされている。お店の前で招きイヌしてるイタグレなのだ。
写真さえ見ることはまれやのに、実物大の置き物にめぐり合うなんてびっくりビックルもう一本なのだ。


イタグレ置き物

なかなか趣味のエエ店やないか、と覗いてみると
着たきりスズメのあたしにはム・関係なお店。

セレブミーハーがムーブ、ムーブあやしくうごめく、すみませんのぞいてしまったりして、ごめんなさい写真だけパシャリ、となかば犯罪者的心理状態でブロガー魂発揮っき。


イタグレ置き物1
お店の名前は「プラッシュ&ラッシュ」
うむ、イタグレはこういう人たちに愛でられる犬種だったのか。

なんの因果か貧民のもとへ迎えられてしまったタロ助。
ヒトの世界には「住めば都」ということわざがある。
「となりの芝は青い」
気にするな。
ゴーイング、ゴーイング、ゴ~~~ン。
別窓 | 散歩 | コメント:12 | トラックバック:0 |
タロ助と紀州犬、甲斐犬 ーお相撲2番勝負ー
2008-12-09 Tue 00:41
紀州犬2
河川敷で素敵なワンコに会った。
紀州犬でまだ4ヵ月らしいが、熊をも狩る勇猛な猟犬。そのがっしりした体躯はとてもパピーにはみえない。

紀州犬
ウガッウガッとタロ助を威嚇するが、相手がパピーであることがわかっているのか結構オトナの対応を見せてくれる。


紀州犬1
紀州犬とのお相撲は長続きはしなかったが、なかなかスピードと迫力のある一番だった。



甲斐犬
お次はおなじ日本出身の甲斐犬。こちらも狩猟を本業とする猟犬である。
黒虎のこの子もまだ6ヵ月だ。

甲斐犬2
この子とは長時間のお相撲になる。
やはりガウガウ言われたり、興に乗ってくると甘噛みされてしまう。まだ乳歯が残っているはずなので、甘噛みがはじまった時点で水入りにしている。スキだらけのタロ助は喉元も甘噛みされてしまうので危険きわまりない。

甲斐犬1
タロ助は口もあけず、歯を見せることもまずない。
ほんとうは同じように吼えたり、口を開けたりしたいのだろうがグッと我慢しているのがわかる。


 紀州犬3
「おやじ、どや!僕ちんがんばったやろ!」  (タロ助)

「おう、ちょっとみなおしたやんか!」   (タロッちち)

別窓 | しつけとトレーニング | コメント:8 | トラックバック:0 |
イタグレ型道路標識!!
2008-12-04 Thu 18:14
0015.jpg
やっとジムニー君がうごいた。
タロッママが近場をルンルンでドライブしていたが、なんと道路標識の多いことよ。
味気ないのやら、命令調やら、意味不明なものやら…。

そこで
タロッちちが見つけた楽しい道路標識たちをご紹介しよう。

直進
001.jpg


左折
0012.jpg


右折
0011.jpg


クラクション鳴らせ!
0014.jpg



ロータリー
0013.jpg
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:14 | トラックバック:0 |
犬とバックパッカー
2008-12-02 Tue 13:09
犬とバックパッカー1
いつもの河川敷へ、家族そろってお弁当と「バックパッカー」を持って出かける。
「バックパッカー」はマーティン社のギターである。その名のとおりどこにでも持って行けるというコンセプトでつくられた小さなギターだ。

大声で適当に歌っていると、おじいちゃんが寄ってきた。

犬とバックパッカー3
「わしはもうすぐ80になる。それはギターか?ちょっとかしてくれんかな。高校のころやっていたんだ。」
といって、身の上話とともに昔の歌を唄いだした。
そして、
「ねえちゃんはこの歌にだまされたのか?」
などと余計なことを言う。
60年以上ギターを触ってなかったんだなあ、このじいちゃん。
「また、ギターをやりましょうよ。ぼくも数十年ぶりにやる気をだしているんです。」
じいさんは
「ははは、もうすぐ80や、とてもとても」
というが満更でもなさそうだ。
「またここでやりましょう。」
じいさんは気さくに手を振ってひょこひょこ散歩道をいそいだ。


犬とバックパッカー2
おほっ、次なるリスナーは小学生。
歌ってとせがまれ、気を良くし声をさらに張り上げてしまった。



犬とバックパッカー4
タロ助は女の子にはかなりいける奴だったが、犬を触るのは初めてというこの元気の良い女の子たちにはびびってしまった。
タロ助の腰はひけ、尻尾がなくなった。
女の子はリードを持ってタロ助を引っ張りまわす。


犬とバックパッカー5
「ひょえ~、首根っこさわってるよ~~ぉ、ぶるぶるっ」  (タロ助)


犬とバックパッカー6
「あぎゃ、僕ちんど、ど、どうなるの~」  (タロ助)


犬とバックパッカー7
女の子たちは記念撮影らしい。

「はい、チーズ!」  (女の子)

「えっ、チーズくれるの?ならがまんする僕ちん…」   (タロ助)



犬とバックパッカー9
「チーズ、チーズ…」   (タロ助)

「タロッ!どこいくのや?タローッ!!」  (女の子)

「チーズいうたのに、チーズ、チーズ、チーズちょうだい」  (タロ助)


犬とバックパッカー8
「チーズくれへんならもう帰ろうな、おやじ!」  (タロ助)

別窓 | ミュージック | コメント:14 | トラックバック:0 |
悪友来訪
2008-12-01 Mon 13:10
ワインのコルク
11月はなにかとお客様の多い月だった。
拙家にお泊りとなると、あほほど親しい友人やないと恐縮雨アラレなのだが、昨日の客人は
なんの遠慮もない学生のころの友人なので酒があればそれでよい。

遊びも寝食も、だべりも音楽も共に楽しんだ彼らだったが、僕は彼らの前で歌ったことはなかった。
ギターもコードくらいは今と同じくらい弾けたのだが、飲んで騒いでみなと同じように歌うことはできなかった。
それが、昨日はやってしまった。

深夜11時に広島からきた友人は、ビールを片手に悪酔いの勢いを増さざるを得ない。
ビールからワインへ移っても、まだ僕の歌は続く…。
何曲歌ったのか、気持の良いのは僕だけだったろうがそんなことがフツーにできるシアワセ。
数十年間封印されていた僕のギターを初めて聞かされて、悪友は毒づくしかなかった。


タロ助が陽だまりであそんでいるのはそんな昨日の思い出のワインコルク。



『ダブリンの街角で(ONCE)』より
ダブリンの街角で
見たい映画を見逃していて1年が過ぎていた。
『ダブリンの街角で(ONCE)』お気に入りのアイルランドの映画。

ストリートミュージシャンのお話でふんだんに音楽もあり、ベタなラブストーリーもありとっても素敵な映画。ツタ○でDVDを借りて観賞、かなりおすすめ。

アラン・パーカー監督の『コミットメント』の方が映画的には完成度も高く、アイルランドに興味のある方はおおいに見る価値あり。


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:8 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。