スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
輪ゴム1本修復記念CDコンサート。
2008-06-29 Sun 12:40
CD故障ー (6)
古いコンポステレオのCDがこわれて1ヵ月ちかく…。
ずっと液晶窓には『repair』の表示が点きっぱなしだった。
CDがだめでもレコードやMD、カセットテープがいけるんで音楽が聴けないことはなかったのだが、雨の日曜日の今日、ようやく重い腰をあげて修理にとりかかる。

「タロ助、ジャマするなよ、シッシッ!あっち行っといてんか」   (タロッちち)



CD故障ー (4)
このCD機は3枚のCDを乗せる大きなトレイで、こいつがうんともすんとも動かなくなってしまった。



CD故障ー
原因はこの駆動ベルトみたい。
へたりすぎでゆるゆるのたっぷたっぷだった。



CD故障ー (2)
注文してもこんな古いコンポの部品があるとは思えないので、代替品を家捜し…。

ほうれん草を束ねていた単なる輪ゴム。
こいつでどうだ?
…かなり大きさが違いすぎるが。

「輪ゴムかよ、そんなんで大丈夫か、オヤジ?」   (タロ助)

「わからん…」    (タロッちち)



CD故障ー (3)
テンションかなり強めだが、ちゃんとドライブしてくれた。
ついでにオイルもシュッ、シュッ。



CD故障ー7
なんとかOK牧場。
3ヶ月ももってくれたら御の字やな。
輪ゴムならぎょうさんあるからかなりシノゲルっす。



輪ゴム1本修復記念CDコンサート。
cd-.jpg「THE BAND」 69年アルバム
cd-2.jpg「GRATEFUL DEAD」 71年アルバム
cd-3.jpg「AL KOOPER」  73年アルバム




ノスタルジアなのか、クリエイティブなのか
イキアタリバッタリなのか
タロッちちの人生は…
賛同できるワンコはプリーズ
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。



スポンサーサイト
別窓 | ミュージック | コメント:7 | トラックバック:0 |
タロッ享年1歳半。やさしくかわいげのない犬だった。
2008-06-28 Sat 15:24
スパッツ野外ランー (7)
「うふふふ、おにゅーなのだ、チロリアンなのだ、スパッツなのだ、オヤジお手製なのだ、初走り~なのだ、そんなことはどうでもいいのだ!早く散歩に行こうぜ!!写真いいし、クソおやじ!」  (タロ助)

「ま、そないにあせるなっちゅうに、お前だんだんタロッママに似てきたんちゃうか…」  (タロッちち)



スパッツ野外ランー
はい、ここはタロ助負傷の地。
安らかに眠る。タロッ享年1歳半。やさしくかわいげのない犬だった。
「だれがじゃ~!!ちょっとストレッチしてただけじゃろが」  (タロ助)

「あ、ごめん、死んだんかとおもてん」   (タロッちち)

「ッたく、かわいげのないのはあんたやろ」  (タロ助)

「走らへんのんか」   (タロッちち)

「言われんでも走るわい」  (タロ助)

「あ~やっと走りよった、小憎らしい犬コロや、ほんまに」   (タロッちち)




スパッツ野外ランー (6)
快適に走り回ったと思ったら、何やらタロ助の様子がおかしい。
「おやじ、すまん。左手のスパッツなくしてしもたん」  (タロ助)

「あら、ほんまや。タロ助、咬んで捨てたんちゃうやろな」  (タロッちち)

「ちゃうわい、勝手に取れよったんじゃ。オヤジも探し」   (タロ助)

「言われんでも探すわい、どうせお前の鼻などあてにならんしな」  (タロッちち)

数分後、やはり探し当てたのはヒトであった。



スパッツ野外ランー (5)
「おう、ありがとうよ。オヤジもヒトやなかったらええイヌになれたのになあ~、ほなまた走ってくるわ」  (タロ助)

「け、イヌはお前一匹で充分じゃ…」   (タロッちち)




ヒトとワンコは意外に近い!
と思ったワンコは
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | ウェア | コメント:2 | トラックバック:0 |
イタグレスパッツの作り方の公開
2008-06-25 Wed 00:10
スパッツー (8)
でけました。
ワンコ用狼爪プロテクター、チロリアンスパッツ! (いつも勝手に命名…)
タロ助が野外ランで狼爪を剥がしてケガした時から、これはどげんかせにゃいかん、と考えていたものだ。
これで、狼爪を守れる。


スパッツー (9)
タロ助の思ったより細い足首に悩まされたけど、しばらくはコレでいけそうだ。



スパッツー (13)
イタグレの狼爪は前足の2本だけで、後ろ足にはない。
犬種によっては、後ろ足にも狼爪が付いているものもあり、五本目、六本目の親指も珍しくないらしい。
タロ助は、前足だけだから後ろ足には必要ないのだが、見た目にもバランスがとれていいかも…、と思い作った。



それでは、イタグレスパッツの作り方の公開です。
スパッツー
買ってきたのは、30ミリ幅のチロリアンテープを長さ40センチメートル。素材はナイロン。
手芸屋さんに飛び込むと、実に色んなテープがある。
かなり迷ったが、やわらかさとかわいさで選択。




スパッツー (1)
テープはマジックテープで止める。
便利なものがあるもので、これはアイロンで取り付けが可能だ。


スパッツー (5)
40センチのテープを4等分に切断、10センチずつを4枚。
末端処理はライターで軽く焼く。糸が解れてこないようにするためと、テープの角を少し丸めてやるためだ。もちろん素材がナイロンだからできるワザだ。コットンなら縫うひつようがある。
この方法だとまったく針、糸を使わずに出来るのだ。



スパッツー (6)
マジックテープは♂と♀があるから注意。
アイロンで熱して貼り付けるが、固まる前に少し湾曲させた。

あとは、野外ランで試すしかない。



スパッツー (4)
実は、このチロリアンスパッツができるまでに試行錯誤があった。
ホームセンターで幅広のゴムを買ってきて縫いつけて作ったのが、コレ。
装着できない事はないのだが、使い勝手が悪すぎた。
どこが失敗かと言うと、肉球を通すのが大変なのだ。伸びると言ってもゴムだから限界がある。
イタグレの足首と肉球の太さのギャップをこのゴムでは埋められなかった。
それで考えたのがマジックテープで止める方法だ。




スパッツー (2)
ケガをした時、水があったからまだよかったが、あの時はこれが欲しかった。これからはガーゼ、キズ判とともに携帯しようと思っている。



スパッツー (11)
よーし、タロ助。
これで野外ラン、OKだわ。


「さんきゅうー、オヤジ!」  (タロ助)


チロリアンテープ   ¥294
マジックテープ    ¥158

これで4本作れて452円也!



ワンコのためならエンヤコラ
つくってみっか、と思った方
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | ウェア | コメント:2 | トラックバック:0 |
「STAND BY ME」
2008-06-21 Sat 19:03
スーニャン一家来訪1
スーニャン家が遊びに来てくれた!
近くのレストランに皆で行くが、タロ助を置いてきたタタリか、超満員で追い返される。
しかたないので、スーパーで食材をお買い物。
おちびさんのスーマリコも食べられるお好み焼大会が開催された。
スーママは自宅で料理教室を開催しているグルメなお母さんだ。


スーニャン一家来訪4
スーママ直伝の山芋をつなぎに使ったお好み焼はとってもおいしかった。

たらふく食べた後は、ミュージックタイム。
スーパパ、タロッちち、タロッママの見事にはずしあったギターセッションが始まってしまった。



スーニャン一家来訪3
名曲「STAND BY ME」の入念な打ち合わせ。

「僕チンの出番はどこやのん?」   (タロ助)


スーニャン一家来訪2
「STAND BY ME]が始まると、出番を探してタロ助は落ち着かない。

「ここらへんで畳みスクラッチ音を入れてと、ズチャー、ズチャー、ビリービリー」  (タロ助)



スーニャン一家来訪
「どうや、僕チンの腕前は?」   (タロ助)

「ハハハ、うまい、うまい。今度来たら教えてくれ、そのタロ助スクラッチ!」  (スーパパ)

「がってんだ!!」   (タロ助)
いきなり江戸っ子弁のタロ助、調子乗りすぎやろ…。


楽しかったわあー!
「またこいよ~、畳みスクラッチ教えたるからなあ~!」  (タロ助)
おいおい、もう先生気取りかい…。
ありがとうね、スーママ、スーパパ、スーマリコ!!


犬はお調子モノだ、と思われる方
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:12 | トラックバック:0 |
どひゃ~!! 免許もないのにクルマ買うか~?
2008-06-15 Sun 08:02
ジムニー
タロッちちとタロッママはモータリゼーションとは縁がない生活を長年してきた。
地球環境とおおげさに叫ばれる以前から、車のマイナス面に着目し、
乗る必要があればタクシーと割り切った。
交通機関が発達した都会で生活するのに、ほとんど不自由はない。

二人が愛用するのはロードレーサー2台とマウンテンバイクだ。
ほとんど二足の脚だけがたより、たまに海や川をカヤックで下ったりする。

なので、二人は免許証さえも持っていない。


そんな二人が車を買ってしまった!



ジムニー2
どひゃー!!
免許もないのにクルマ買うか~?!

● 常識的にはありえない。
● 今までの二人の生活信条からいってもありえない。
● ガソリン高騰のおり、車はありえない。
● たまたま車庫付きの家に越したからさみしいし置物代わりに…、そんなんありえん。
● ブログネタに車を…、そりゃあんさん無茶苦茶やがな。

う~む、謎だ。



ジムニー1
ジムニー(JA71C)、軽、四駆、幌車、20年選手、雨漏り、ミッション、サス固い…
快適な車からはほど遠いこのクルマ。

ほくそえむ二人。
悩むタロ助。
「この二人、ほんまにナニ考えてるのかサッパリわからん!」   (タロ助)


犬の繋留以外に
便利なクルマの使い方ご存知の人は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。




* 注意 
ずいぶん昔、犬を繋いで知らずに(忘れて?)車を運転しちゃった人がお隣さんにいてました。
可愛そうにボステリは大怪我でした。
犬、繋いじゃだめですね。
すみません、ひとり突っ込み!

「ほんじゃあ、このクルマいったい何につかうのや?」  (タロ助)

「うむ、謎だ。」   (タロッちち)

「まだ、謎かい! もう、ええし!!」  (タロ助)


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:12 | トラックバック:0 |
こちらから会いに行く花、ねむの木。
2008-06-14 Sat 20:11
ねむの木
6月はアジサイが大きい。
少し日当たりの悪いところにうっそうと茂っていたりする。
お家の庭先からコッポリ顔を出していたりもする。
雨のうっとっしい季節で真っ先に飛び込んでくるお花。むこうから挨拶にくる感じかな。
僕はアジサイが好きだ。

写真は『ねむの木』。
近くの公園で楽しめる。最近はコレを見るためにわざわざ通勤経路を変更する。
梅雨の時期に咲くのだが、人は傘をさしていると少し高いところに咲くこの花を発見できない。
雨の日でも上を向いて歩くような人でないとダメなのだ。
こちらから会いに行く花、と言えばいいか。
綿帽子のようなお花は雨露に乱されがちだが、今年はお天気が続き目を楽しませてくれる。



ねむの木1
『ねむの木』は、そっと眠る。
夜になると、オジギソウのように葉っぱを閉じてしまう。
花の色も形も咲き方も葉っぱもとってもプリミティブでミステリアス。
いつまでも人の上でわからないようにそっと咲いていて欲しい。


狼爪を剥がしたタロ助。
ご心配いただきありがとうございます。
もう、ほとんど腫れもひき化膿もせず、大丈夫です。
ご近所散歩もこなしております。

野外で遊ばせる時は、救急セットとか必要ですね。
狼爪をプロテクトするスパッツを作らねば、と考えております。





梅雨でも楽しめるお花があって
地球は素晴らしい、とたいそうに思っておられる方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。



 ブログで紹介した「スズメがしゃべる」のYouTube動画は残念ながら削除されてしまいましたね。
ANNのテレビニュースだったため、著作権の問題でしょうか。


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
スズメがしゃべる!!
2008-06-13 Fri 08:02
スズメ11
最近のスズメは人を恐がらないのか?

昔からスズメは人と身近なところで暮らしてきたが、人とは一定の距離をとっていた。
5メートルと近づけなかった記憶がある。

それがどうだ、このスズメは。
僕が公園でパンをかじっていると寄ってくる。
あまりになれなれしいので、パンを少しつまんで写真のようにやってみると、
まるでハチドリのようにホバリング停止状態。



スズメ12
今度は、手のひらにパンくずを置いて待っていると、
手乗りスズメの誕生!
びっくりだわ。

スズメと言えど野鳥だからこんなことしてはいけないのだが、スズメと人間のあいだで何が変わったのだろうか。





スズメ1
今度は、スズメがしゃべる!?


信じられなかったが、このANNが報じたニュースを見てびっくり!
ほんまにしゃべっている。
「いらっしゃい」「おはよー」など9つもしゃべると言う。
YouTubeの動画でどうぞ。

  「オハヨー」しゃべるスズメ
http://jp.youtube.com/watch?v=8rl6Pa4PvKs


スズメがしゃべるなど聞いたことも見たこともなかった。
野鳥の会の友人に聞いても、信じてもらえなかった。
もし、朝のさえずりが
「おはよおー」
「ちこくするでー」
「いそげー」
とか鳴かれた日には、人間はノイローゼになって滅びるやろな。


スズメ
今まで、なんやスズメか、とあなどっていたが、
これからは、畏怖の念で見ることになるだろう。

まさか、おまえはしゃべらんやろうな?!



スズメがしゃべるなら
犬だってしゃべるやろと
思われた方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。




別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
タロ助、負傷する。
2008-06-11 Wed 10:55
負傷ー (6)
新しいメッシュのハーネスをつけて誰もいない夕暮れ時を軽快に走る。
タロ助の走りは、広さや地面のコンディション、または気分によって走り方が変わる。


負傷ー (1)
タロ助、ご機嫌なようで『欽ちゃん走り』も見せてくれる。



負傷ー (7)
6月になり野草が相当伸びてきている。
30~40センチくらいの高さに伸びたところがあり、そういうところをタロ助は好んで走る。
このときの走り方は『キツネ走り』だ。
ぼくらが勝手に名づけているが、四肢をほとんど同時に使ってジャンプしながら走る。
ピョ~ン、ピョ~ンとキツネが跳ねるように走るので、こう呼んでいる。
シッポにボンボンでも付けたらキツネと見間違うだろう。



負傷ー (4)
散歩の子どもを見つけて挨拶に行ったり、無邪気に走っていたが…



fusyou- (1)
僕の足元にまつわりついたかと思うと、へたっと崩れそうによろけた。
抱き上げてみると、狼爪がはがれ血を流している。



fusyou- (8)
僕は抱き上げたまま、とりあえずボトルの水で傷口を流してやった。沁みるのだろう、足を引こうとするががまんさせた。

ケガをしたのがどの時か不明だが、まったく鳴かないので僕のところに知らせに来るまで分からなかった。
生まれたばかりはそれほどでもないらしいが、成犬になると神経もあり出血もひどいので狼爪の切除は全身麻酔が必要と聞いた事がある。
タロッは痛みでよろけたが、悲鳴一つ上げるわけでもなく耐えた。



fusyou- (3)
爪はブランブラン状態で僅かに皮一枚でつながっている。



fusyou- (9)
家に帰ったら、ハサミで切断してやるからな、タロッ。がんばれよ。
抱きかかえたまま2キロほどの家路を急いだ。
医者に行くかどうかは、タロッの様子しだいかな。
気分は重く息苦しかった。


fusyou- (20)
無事、狼爪がとれ、包帯を巻いたところ。
「さわったらダメ」とコマンドをいれる。
犬にとってかなり気になる場所とモノが目の前にあるのだが、タロ助は触ろうとしない。
自分の異変を感じているのだろう。




fusyou22.jpg
タロッママが帰ってくると、さすがにタロちちの野蛮な処置にあきれたのか、包帯を巻きなおしてやっている。

うむ、さっきの方が可愛かったのにな、と一人ゴチたが、どうやら今はそういう空気ではなさそうであった。



狼爪
使ってるところ見たことない方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | からだのこと | コメント:6 | トラックバック:0 |
あわてんぼうのタロッママ。
2008-06-09 Mon 12:43
awaa.jpg
朝、パン食が多いが、近くに2軒も手作りパン屋さんがあるのでどちらにしようか迷ってしまう。人の行きかいもそれほどないこの通りにガチンコして、よくやっていけるなあと思う。

今回は、ウチから2軒となりのパン屋さんへ。
 

awaa1.jpg
タロッママが出てくるまで、オリコウに出来た。




awaa2.jpg
パンを買ってそのままいつもの散歩コースへ。
ちょっと二人はピクニック気分。



awaa8
タロ助をノーリードで遊ばせながら、二人は朝食のパンをかじった。




awaa3.jpg
タロッちちとタロッママが離れると、タロ助は二人の間を全力で疾走する。前は呼び戻しのトレーニングで褒美を与えながらやっていたが、今は二人が離れると勝手に往復疾走するようになった。



awaa4.jpg
舌を出しながらよく走れるなあ。

ベロ出しといえば、アインシュタイン、マイケルジョーダン、ミックジャガーが思い浮かぶが、お前も天才肌なのかい?




awaa5.jpg
川に降りたところの護岸で、タロ助に「おすわり」させようとしたら、坂になっているもんだからタロッのお尻がしゃがんだ拍子にゴッチンコ!
川に飛び込むまでにはいたらなかったけど、タロッママびっくりで餌をばらまいちゃった。



awaa6.jpg
結構あわてんぼうなところのあるタロッママ、距離をおいてウォーターフロントを散策するタロ助氏。

「川に突っ込むかとおもったぜ、危ないところだった。タロッママのコマンドは鵜呑みにしちゃいけないんだ、メモメモ。」   (タロ助)

そうだ、そうだ、かしこくなれよ、タロ助。



犬が飼い主に似るのか
飼い主が犬に似ていくのか
いつも疑問に思ってられる方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:5 | トラックバック:0 |
『決定的瞬間』と『それなりの瞬間』
2008-06-06 Fri 13:42
m2
雨上がりの水溜りの残るいつもの公園。
タロ助を水になじませる絶好の機会だ。

写真を撮るとき、僕はよく逆光でかまえる。
セオリーで言えば逆光はアウトなのだが、順光のベタッーとした感じが好きになれない。
影という変化にとんだモノを写したいという衝動が、順光できれいな写真を撮りたいという判断を飛び越えてしまう。


m4
順光でとっても、影をどこかに入れてしまう。

上手く写らない事が多いが、昔のフィルム時代のように失敗を気にする事はないのだから、デジタルでドンドン撮る。
『決定的瞬間』という被写体側がもつ一瞬は、フイルムだろうがデジタルだろうがやってくる。そうであれば一瞬を待つのではなく、たくさん撮ってるうちにお出で願う。
『決定的瞬間』をはずしても、その前後と言う感じで『それなりの瞬間』には巡り会えるのではないか。アングルだとか構図だとか写体側の事情はおいといて…。


m3
きた~!
タロ助がついに水の上を走った。!!


m.jpg
お~!水しぶきまで上げてくれてるやないか。



m1
まあ、写真は散々な結果だったが、今までどうしても走れなかったところをワイルドに攻めた、タロ助は褒めてやらねばならない。



ワンコのガンバリに見合った
撮影技術の向上を、と
思われた方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
グレートデンと至福のひと時。
2008-06-01 Sun 21:23
グレートデンと遭遇ーブロス君ー (51)
さて今日も、太陽が落ちかけてきた。

いつもの散歩コースから帰ろうとしたら、なにやらノーリードのワンコが遠目に見えた。

ゆったりとした動きや人と比較したシルエットは明らかに大型犬。
なんだろう?とタロ助と僕は興味を引かれ帰路をあきらめた。

でかい!!とてつもなくでかい!!!


やってきた犬はグレートデン!


グレートデンと遭遇ーブロス君ー (24)
はじめてみる犬だ。

僕はかなりドキドキしたが、タロ助にさとられては『いかん』と思い平静を装った。
飼い主に挨拶をし、近寄ってきた巨大犬に「こんにちは」と顔をなでてあげた。
タロ助はピューと走り出したり、僕の横についたり、かなりあわてている。



グレートデンと遭遇ーブロス君ー (33)
名前はブロスくん。6歳。

よくトレーニングされたりっぱなワンコだ。
体重なんと68キロ!
タロ助の11倍、僕より10キロ以上でかい。
ブロスとは『仲間』という意味らしい。
確かにこの存在感は人以上にあり、一緒に生きていく仲間と自然に思える。



グレートデンと遭遇ーブロス君ー (20)
ブロス君の周りを行ったりきたり…。



グレートデンと遭遇ーブロス君ー (28)
後ろに回ってみたり…。



グレートデンと遭遇ーブロス君ー (18)
草陰に隠れてみたり…。



グレートデンと遭遇ーブロス君ー (17)
また、唐突に後ろに回ったりと、挑発以外の何物でもない。



グレートデンと遭遇ーブロス君ー (14)
ブロス君、ついにタロ助を追いかけた!!



グレートデンと遭遇ーブロス君ー (47)
大型犬の一挙手一投足の動きがなんとも素敵だ。惚れ惚れする。
タロ助がどうなろうともシラン!とは言わないが、2頭の動きは見飽きる事がなかった。




グレートデンと遭遇ーブロス君ー (13)
タロ助、最後はご挨拶が出来た!!

今日は、タロ助を見直した。
こんなでかい犬に果敢に遊びを挑んでいく、そしてちゃんとご挨拶も出来たのだ。

素敵な夕日と至福のひと時だった。



事情が許せば
大型犬と暮らしたいってお方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。




別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:21 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。