スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
タロッのゆく年くる年
2007-12-31 Mon 10:19
20071231101923
本年は皆さま、大変お世話になりました。
この世に生を受けて一年余り、様々な出逢いがあり別れがありました。親、兄弟たちと幼くして生き別れ悲しむ間もなく、オヤジの思い込みだけでDog'n'Rollerとして生きよ♪とわけくそわからん道を無理やり選択させられてしまいました。
そんな中でも、散歩で知り合ったワンコフレンズは心の友となり、励ましや慰め時には叱咤激励ハリセンパンチとうれしいつながりを得ることができました。
またブログでも、たくさんの貴重なコメント、ご訪問をいただき大変喜んでいます。
アホなオヤジですけど、どうか見捨てることなくこれからもウォッチングたのんます。

それでは皆さま、どうか来年も宜しくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
迷子札が迷子になった。
2007-12-28 Fri 21:50
どうしたことか、このタイトル記事(12月12日)が消えてなくなっている。
偶然バックアップしてあったので、再掲します。
すみません、コメント頂いたみなさん。
なんかいけないこと書いてFC2管理者から抹消されたのか?
それともお札のたたりか?
不思議やなあ?


迷子札パワー0
タロ助の迷子札が迷子になった。
3日間家捜ししても(どんだけでかい家やねん…)、出てこない。
あきらめて散歩につれだしていたところ、なんとあのだだっぴろい淀川河川敷グランドで発見!!
もちろん発見者は偽サイトハウンド犬タロッではない。
サイトハウンド人タロッちちである。
ふと目を落としたところに迷子札がピカッて、「ここよん」と呼んだ、気がする。
恐るべき迷子札パワー。


迷子札パワー
さっそくタロ助につけてやった。
なんか一人前の社会人になった誇らしさを迷子札カプセルあたりから感じるが、これも気のせいか。


迷子札パワー2
つけたとたんに、タロ助はすたすた帰り支度。
「おやじ、今日は僕ちんかえるわ」 (タロッ)
なんやねん、おまえ、今来たとこやで。
「うん、おさき…」 (タロッ)
はあ?

この迷子札パワーがあればタロ助は迷子にはならない、ということか。


カラー
迷子札カプセルをつけているカラーは手作りである。
ザックの胸ストラップをはずし、改良した。
大きさももちろん調節できるし、さらにゴムで1センチから2センチ伸縮可能になっている。
引っ張り癖の強いタロッには最高のカラーと自讃。
赤いカラーも手作り。手縫いしている。



お札(ふだ)には戻ってくるパワーがあるが、
お札(さつ)には戻ってくるパワーがないとお嘆きの方
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。



その時頂いたコメントは次のとおりです。

>名前:栞母
>タロッくんの迷子札、見つけたかったな…。
>栞にくわえさせて、豪邸へお届けしたかったです。
-----------------------
>タイトル:栞母さま
>ははは、K地域は豪邸揃いで門構\えだけでも我が家より大きい。でもここはF地域で外れてます。
>ほんと一度栞さん、遊びに来てください。立ち見席になりますが…。

    ★   ★   ★   ★

>名前:スーママ
>お札は本当によく飛びます。
>今日もスーママは飛ばしまくりました。ははは。
-----------------------
>タイトル:スーママさま
>我が家は銭形平次です。
>小銭を飛ばしまくりです、よく飛びます。

    ★   ★   ★   ★

>名前:☆華☆。
>はじめまして!
>足跡を追跡して参りました(笑)
>迷子札にそんなパワーがあったとは!!!
>恐るべし迷子札っっ!!
>手作りカラーにオドロキっっ!!
-----------------------
>タイトル:華さま
>はじめまして
>ようこそおいで下さいました。
>すごいお勉強家でいらっしゃいますね。ムツゴロウさん、犬飼の原点ですかね。
別窓 | リード・カラー | コメント:0 | トラックバック:0 |
モーレツ栞教室でしごかれた。
2007-12-26 Wed 16:08
水溜りー1

魅力的な犬だ。
見た目の美しさも野生的な美しさも兼ね備えている。
水溜りにも平気で入り、ゴクゴクとおいしそうに雨水を飲む。
晴れているとはいえ12月の水の冷たさは凍るほど冷たい。
飾り毛など濡らしても全く動じない。
こんなワイルドな犬がもっと増えて欲しいな。


雲ひとつない快晴のもと数日ぶりに引きこもり犬タロッを連れ出すと、なんと栞さんに会えた。
ラッキー!!

PA0_0012.jpg
タロ助は無謀にも鳥猟犬と対峙してしまった。

「いい度胸ね、タロちゃん、行くわよ!」 (栞さん)
「…、くっくっくっくるのッ?」 (タロ助)
いつものように追いかけっこが始まる。

-1 (7)
「わ~い、タロちゃんすてき、まるでネズミだわ、ねこだわ、アヒルだわ!」 (栞さん)
「そ、そ、そんなんじゃないっす。一緒いっしょ、犬コロだすって!」 (タロ助)

-1 (2)
「きゃ~かわいい!すこし咬んでもいい?」 (栞さん)
「ひえ~、ご勘弁を!」 (タロ助)

PA0_0030.jpg
逃げ惑うタロ助を見かねた栞母さま、2匹を呼びつけ何事か話しかける。
もう少し、2匹のコミュニケーションを見つけようとしていただいてるようだ。

犬社会の中で小型犬タロ助はその位置付けをキチンと学ばなくてはならない。
逃げる事。逃げ切れない時は安全な場所を見つけること。それでもダメな時は参った!と
お腹をみせて服従すること。
ハイパー娘の栞さんと、社会知らずの1年坊主タロ助では、犬種の違いもあるがなかなか対等には遊べない。
そうした犬ルールにのっとって遊ぶべきなのだ。

栞母さまに、同じオヤツを頂いて少しずつ落ち着きを見せ始めた。

PA0_0006.jpg
調子に乗って、お尻のニオイを嗅ぐタロ助。
「ほんとうにオンナ犬なのか?すごすぎる!」 (タロ助)



PA0_0002.jpg
2匹がボールとり遊びを始めた。
大好きなボール遊びの前には必ずトレーニングが入る、栞さん。
オスワリ、フセ、ゴロン、ジャンプ、次々こなしていく栞さんにタロ助チチ羨望のまなざし。タロ助知らん顔。
でも今日は、姉御につられて一緒にオスワリ。えらい!


PA0_0000.jpg
モーレツ栞教室のトレーニングは続く。
調子に乗ると木にも登るタロ助、なんかオスワリがまぐれでなくなってきたぞ!


-1 (5)
ボールを取りに行くが、あくまで栞さんの様子を見ながらだ。
そうそう、それがルールだ。えらいえらい。


-1 (8)
ちょいと追いかけてみたり、

-1 (3)
ちょいと手出ししてみたり、
栞さんの気分をうかがいながらジャレてみるタロ助。


PA0_0001_20071226143357.jpg
栞母さま、ボールを投げた振りしてしっかり手の中へ。
つられた犬コロ連中は、「あれ?」

PA0_0014.jpg
モーレツ栞教室の特訓も終わり、最終礼!!!
「ありがとうございました!」
ほとんど命がけのモーレツしごき教室でタロ助が今日まなんだ事は、犬の一生でとても大事なことなんだ。
ちっこい頭にしっかり刷り込んでおくんだぞ。

大空には鷹(ノスリ)が一羽舞っていた。
もうすぐお正月、一富士、二鷹、三なすび。
いいことがありますように…。




犬社会も楽ではないとおもうワンコは
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
モーレツ栞教室がやってきた。
2007-12-23 Sun 03:35
きゃほー!アイリッシュセッターの栞さんご一家が、はじめて遊びに来てくれました。
栞さん、きた#12316;!
キチンと正座する栞さん。
栞さんの後ろにモヤみたいにたなびいて、カメラにも写らないビュンビュンタロ助。


栞さん、1
しかたないのでタロ助の代わりに栞さんの隣に正座するタロッちち。
「ようこそ、おいでくださいました。栞さん」 (タロッちち)
「これはご丁寧にタロッちちさん、リラックスしてくださいね。」 (栞さん)
「はっ、ありがとうございます。礼儀もルールもわきまえぬタロ助になり代わりまして、日頃のご無礼お許しください。」 (タロッちち)
「しかたないわねえ。今日はモーレツ栞教室専属トレーナーも連れて来たから、ちょっとやってみるう?」 (栞さん)
「は、はっ。ありがたきしあわせでごじゃります。」 (タロッちち)

栞さん、10
さすが専属トレーナーさん、いきなりタロ助を栞さんの隣に正座させてしまいました。
「タロ助、待つのよ。」 (栞さん)
「ハイっ!!」 (タロッ)

栞さん、4
ヨシ!のコマンドがなかなかでないので、誰でもいいから言って頂戴とばかり、目が泳ぐタロ助。
「タロ助、アイコンタクトはこっちよ!」 (栞さん)
「へ?早くよし!っ、て言ってよ誰か」 (タロッ)

栞さん、5
タロ助ガマンできずおやつの方へフライング。
「だめっえ!タロ助。バシィ!!」 (栞さん)
栞さんのハリセンみたいな前足がすかさず飛び、モーレツしごき教室なみの厳しさ!

栞さん、11
栞さんご一家に頂いたかぶりもので、はいポーズ。
「ぎゃー、なんじゃこれ!ぼくちんいらん」 (タロ助)
「うるへー、お前がいらんでもパパはいるんじゃあ!」 (タロッちち)
「まあ、見苦しい家族ね…。」 (栞さん)

栞さん、6
「いらんて言うてるやろがー、このくそオヤジ!」 (タロ助)
「何言うか、これをつければカラスにドブネズミと間違われずにすむのや!」 (タロッちち)
「あ~あサイテー、はやくしてよね。」 (栞さん)

栞さん、7
「ほ~れ、これでカラスに付け回されずにすむぞ。トナカイにはどう見てもみえんが、タツノオトシゴくらいにはなったやろ。」 (タロッちち)
「そうか、そんなに強いやつなのかタツノシコシコって」 (タロ助)
「おまえ、わざとまちがってるやろ…?」 (タロッちち)
「ほんと、最低…!!!」 (栞さん)


栞さん、9
タロ助、最後の砦のソファを死守する。
「くるな~、タツノシコシコだぞ!つよいぞ!」 (タロ助)
「タロちゃん、1歳になったんやからもうちょっと大人になろうね。」 (栞さん)


お豆腐
次の日、栞さんご一家に頂いた有名処の「お豆腐」と「ポン酢」で早速湯豆腐とお鍋をしちゃいました。

ポン酢
おいしかったあ!
栞さんご一家、どうもありがとうございました。
また、しごきにきてね~。



アホはタロ助やなくてヒトやと思われる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
タロッ、1歳。 おめでとう!
2007-12-18 Tue 10:47
誕生日、おめでとう!
やっと1歳なんやなあ。

1#8722;ブリーダー宅2
1ヶ月(39日目)
岡山のブリーダーさんにいるころの写真。

1#8722;ブリーダー宅
1ヶ月(58日目)
夫婦そろって新幹線に乗り、タロ助を迎えにいった。初めての犬飼人は、ハラハラどきどき…。
タロッの父犬、母犬とも会うことが出来、かなり将来の不安は解消できた。
帰りの新幹線。キャリーバックに入れられたタロ助は驚くほど静かだった。一番心配していた事だったから、ほっとしたわ。
ただ、調子に乗って「Kつくら」というトンカツ屋さんにそのまま入ったら、タロ助バックのなかで大あばれ。お肉のニオイに目覚めたのか、クインクイン、キャウキャウ!!
せっかくの料理もそこそこに退散、という苦い思いでも…。
犬飼初日の大失敗でした。


自作ウェア2
2ヶ月(76日目)
犬に服がいるのか?と思っていたが、厳冬の2月はタロ助にも犬飼にも試練だった。服を作ったり、トイレのしつけ、長時間の留守番、食事、睡眠、動物病院とはじめてのことがつづく。
双方手探り状態やったなあ。

1#8722;クワズイモ
2ヶ月(65日目)
家にもなれ、そろそろワンパク時期に突入。


1#8722;赤ブランケット
3ヶ月(100日目)
こんなチビ助が、日向を見つけてゆったりするとは思っても見なかった。日向ぼっこは老犬がするものだとおもっていた。


1-風呂
4ヶ月(123日目)
お風呂はいまでも大変だ。
お水系がどうもダメみたい。
お皿のお水見ても溺れる、おぼれると逃げ惑う…。

1-シロツメクサ
5ヶ月(140日目)
散歩に連れ出すことも出来るようになり、たくさんのワンコと会うのがとても楽しみだった。

1#8722;スカート
6ヶ月(185日目)
我が家のジェンダー教育始まる。


1#8722;ブーコ
7ヶ月(232日目)
チ○コもそれなりになり、恋犬募集の日々。
ブ~子ちゃんは最愛の友、時々行き過ぎてDV行動…。

1#8722;かぶりもの
8ヶ月(250日目)
お手だの、オスワリだの、かぶりものだの、飼い主からも色々な注文が飛ぶようになる。
受けてくれるだけのチカラをタロッもみせてくれるようになってきた。

1-買い物
9ヶ月(270日目)
近くのホームセンターへ買い物に行く。

1#8722;みみなし
10ヶ月(286日目)
2回目の冬シーズンを迎えるためのウェア作りが始まった。
スーママ様から「顔なし」の称号を得る。

1-ススキかぜ
11ヶ月(342日目)
栞さんとおもいっきり走れる広場で風に吹かれるタロッ。

1-1歳おめ
満1歳 (364日目)
おめでとう、おめでとう。
華やかさも、バースディケーキも、やる気もないゆるゆるのショットで悪かったな、タロッ。

これからもよろしく。


犬との生活、グレイトと思われる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:19 | トラックバック:0 |
ゼニゲバ獣医とのたたかいにタロ助、勝つ!
2007-12-11 Tue 12:44
おニュー1
オニューの服でお散歩。
前足、後ろ足もカバーするイタグレ専用のすぐれものの防寒服だ。ただし、清水の舞台から大枚が一枚ヒラヒラと舞い降りる(泣)。
お座りからちょっと気取ってポーズのタロッ。

おニュー4
全姿でみても無理なくフィットしているようだ。犬コロ様はどうおもっているのか知らないが…。

おニュー
「立てば芍薬,座れば牡丹,歩く姿は百合の花」とほめてやろうと思ったが、この歩く姿はどう見てもつなぎ服着たヤンキーにいちゃんやなあ。

「おらおら、じゃまだじゃまだそこの綿毛やひっつきムシ。ワイのオニューにくっつくんじゃねぞ」 (タロッ)

ま、まあ、そんな息まかいでも…。


抜けた乳歯1
最後の乳歯が抜けた。
ゼニゲバ獣医からさんざおどされていた最後の乳歯も、ほれこのとおりちゃんと抜けましたわ。
タロッママが帰ってくると、タロ助はムニュムニュ、フニフニして一人で笑っている。
ついに狂ったかと心配したママは、頭ではなくどうもお口の中に原因がありそうだとこじあけた。そして見たものは、ブラブラ犬歯、迷わず引っこ抜かれた。
一歳を目前にようやく乳歯のすべてが抜けたわけだが、ゼニゲバ獣医からは半年前からおどされ続けたわけで、さまざま検査、全身麻酔、手術、術後の半日or一日入院などの費用が浮いた(喜)。
費用の問題もあるが、このちっこい犬へのダメージを考えると待ってよかった。

さあ、これでワタクシはナチュラリスト完全復活や!!!



ゼニゲバ獣医は
それでも誤解されていると思われる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。




別窓 | からだのこと | コメント:1 | トラックバック:0 |
美しき散歩道。
2007-12-10 Mon 01:15
中池3
不思議公園には十数本のカラマツ(すみません、間違っていました。)メタセコイアが中池べりに植えられ、立派な円錐を天に突き刺している。
フェンス越しに覗いた中池からのロケーションはちょっと異国風だった。

中池
おまけにフェンスには巨大な女郎蜘蛛。
気持ち悪いよりもその全身に施されたトラキチペインティングはお・み・ご・と。
中池4
コサギ、中サギ、青サギ、ゴイサギが眠り、羽をやすめるこの雑木林が水鳥達のサンクチュアリになっている。
あるとき坂道をキ、キー、キーーーと自転車がブレーキングするかのような音に振り返ると、この中からカワセミがまっすぐ飛び出してきた。
いつ見てもきれいな鳥だ。

中池2
美しく、素敵な出会いのある散歩道だが、愛犬タロ助はいつもとかわりない。
いそがしくミミズをさがし、ウンチを嗅ぎまわり、

中池1
おしっこをする。
自然の一部とはいえ、この犬のどこに美しさがあるのだろう…。


干しミミズ大好きなワンちゃんは
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | 散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カラスの来襲!
2007-12-08 Sat 11:57
鷹ねらい2
最近のお気に入りスポット。
先日、このススキ群生ポイントを秋の青空で撮ったと思ったら、もう晩秋すぎて冬空をおもわす空模様に。
何か起きそうな予感を漂わす尾花の揺らぎ…。
予感は的中した。


鷹ねらい1
淀川に降りてみるとなにやら騒がしい。
大きな望遠レンズ、三脚とカメラ、防寒服のおっさんたちがアチコチたむろしている。
淀川の上を蒸気機関車でも走るのか?とアホなことを考えながら、タロ助に手を出した人間性豊富良心健全信頼抜群正々堂々のジェントルマンに尋ねた。
ワシ、鷹が舞い降りるのだ、と言う。
渡って来たカモ類を狙って捕獲する決定的シーンを写真におさめるために、このおっさんたちと一人の紳士はこの寒風吹きすさぶ川岸で朝から晩まで待機する。
野鳥の会犬登録会員めざすタロ助としては絶好の出会いの場であったが、正々堂々紳士を除いてはどうも邪魔扱いされている。
鳥族人間にとって犬は鳥を襲う疎ましい存在でしかない。
早々と退却。


カラス来襲2
タロ助、さっそくカラスを狙う。
おいおい、鳥族人間に見られたら石なげられるで…。

カラス来襲1
グランドに降りた一羽のカラスめがけて走り出した。
カラスは様子をうかがってから余裕で飛び立つ。
なぜか低空飛行で…。タロ助はしめたとばかり後を追う。
すると突然背後からもう一羽のカラスがタロ助を追ってくるではないか。
タロ助はカラスのワナにはまった。

カラス来襲3
目の前の一羽を追いかけながら、後ろから来るカラスに襲われたタロ助は広いグランドをほぼ一周走らされたところでやっと開放された。
僕はあっけにとられて、事の顛末を見届けた。
よく大空でトンビやハヤブサを、カラスがしつこく攻撃しているのを見たことがあるが、地上で我が愛犬タロ助を襲ってくれるとは、なかなか珍しいモノを見せていただいたわ。

カラス来襲

あ~怖かった!!! おやじ! なんで助けんのや!?めっちゃこわかったで、もう!!」 (タロッ)
おう、お前も半分は飛んでたな。なかなかの走りやったぞ。
「いや、だからなんで助けんのん?」 (タロッ)
すまん、すまん。貴重なシーンやったからな。
オオワシやイヌワシやったら連れ去られたかもしれんが、カラスやったらせいぜい小突かれる程度やろおもたから、つい見とれていた、…お前のスバラシイ走りに。
「けッ、おもしろがっていたとしかおもえんわ!」 (タロッ)

ワシや鷹がカモなどの鳥だけを狙っているわけではないし、ドブネズミのちょいでかバージョンタロ助としても、気をつけないといけない淀川河川敷の散歩である。
自然はすばらしい。
こうした野性味あふれる散歩ができるとは、タロ助に感謝!

「ちょ、ちょ、ちょっと、なんで僕がオヤジの趣味の犠牲ならなあかんの!!」 (タロッ)


予感もあたるけど最近オカンのほうがあたりがキツイと思われる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。





別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
剪定ボランティア
2007-12-06 Thu 16:08
南天1
散歩の時はちっちゃなフォールディングナイフをウェストバッグに忍ばせている。
別に防護用ではない。
タロ助のリードがどこで絡みつくかわからないので、いざと言う時の切断用として持ち歩いている。
今はそんな出番はなく、道々の野原に生えた草木を剪定している。
南天の赤い実が枯色の多いこの時期にとても映えていたので、思わず剪定…。
黄色した山吹みたいなヤツもアチコチ伸びていたので剪定。
ついでに藤色の小さな花をつけたかわいいヤツもボランティアで剪定…。

もちろん、剪定したものは捨てるわけにも行かず、仕方なく持ち帰る!!
持ち帰ったものはゴミ箱に入れる前に、花瓶にちょっと納めてみる。

気に入られると、1週間や10日はテーブルの上で第2の余生を過ごす事になる。

青サギ
タロ助につかまるような鳥は鳥ではない。
たとえ、ペンギンでも無理だろう。
そおーっとちかづくのでなく、見つけるといきなりダッシュするから、すぐに相手にわかってしまう。

枯葉を追う1
寒風に舞う枯葉を追うタロ助。
このぐらいが一番この犬らしい。

枯葉を追う
「オヤジ、やったあっ!このちょこまか動き回るヤツ捕まえたで!」 (タロッ)
そか、そか、そりゃよかった。
でもな、タロッそいつは自分では動けんやつやど。
ただ風に吹かれているだけやで…。



剪定ボランティア、初めて知った方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。

別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
聞こえる音、きこえない音。
2007-12-03 Mon 06:38
a2.jpg
先日、銀色に光った尾花がみごとで持ち帰ったススキだが、
枯れて黄金色に輝く茎や葉もとても素敵だ。

3メートル近くある背丈のススキを全部持って帰るわけにもいかず、写真だけ…。

唐突に
こんなロケーションでテントたてて眠りたい、と思う。
ザワザワ、ふわふわ、聞こえる音、きこえない音。
きっと満天の星空にオリオンやシリウスがわがもの顔に輝いているんだろうなあ。
眠りつくまで星空を眺めていた日々はまた来るのだろうか。
ゆっくりその日を待っている、今、という瞬間もまた楽し。

a1.jpg
そのテントには、タロ助もいる。
寒くて寝袋から顔も出さずに縮こまって。

a3.jpg
フリスビーを飛ばす。
みごとキャッチする犬ではない。
落ちてくるのを待って、回収してくる。
ボール投げとおなじ。

a4.jpg
犬との生活。
犬からもらうものの楽しさを、秋の深まりとともにかみしめている。


ヒト以外の生き物とお暮らしの方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:3 | トラックバック:0 |
犬コロの節操。
2007-12-02 Sun 17:28
初物ー柿 (4)
ちっちゃな柿の木に無数の白い花が咲き、初夏には百個以上の青い実をつけた。
これはスンゴイ事になるではないか…とひそかにほくそえんだワタクシ。
一個50円で家の前で売ったら、5000円や、年が越せる、餅代も出る、うはうはやん、って。
去年はたった2個の収穫で終わったのだから捕らぬタヌキのなんちゃらもしようというもの。
なーのに、あの夏の強烈な暑さのせいか、毎日ぼろぼろと落果…。
あ、あ、あれ~どういうこっちゃ?
せっせと水やりしても落果は止まらない。
結局収穫できたのは8個。

タロ助、一年がかりの結晶や。
「ふ~ん、おいしいのかね?」(タロッ)
お前はまだ食べた事ないから知らんな、と~てもうまいぞ。


初物ー柿 (17)
「おっ、いけるやん。はじめての甘さやわ」 (タロッ)
ところで、靴下のワンポイントがなくなって穴あいてんねんけど、タロ助、知らんか?

初物ー柿 (9)
「ドキッ!…しらん、しらん、おぼえとらん…」 (タロッ)
そか、ならええよ。
「・・・(汗)」 (タロッ)

初物ー柿
「うまい、うまい、オヤジの作った柿は芯まで甘いわ」 (タロッ)
そか、芯まで甘いか。な、わけないやろ。
おまえ、いつからおべんちゃら言えるようになったのや。
なあ、タロッ、ママのフリースのジッパーが壊れてたり、レコードジャケットが食べられてたり、椅子が削られたりしてんのは、知らんか?

初物ー柿 (1)
「し、知らん。覚えとらん…全然」 (タロッ)
そか、そのちっこい頭では覚えてないか。

初物ー柿 (20)
「ふん、そうさ、おぼえてないさー。メモリー容量ふやしてくれっかい」 (タロッ)
お、そんな軽口もたたけるんや。

初物ー柿 (26)
「もぐっモグッ。しかし、このオヤジ、なんで食べてる時にいやな事聞きよるのや…?」 (タロッ)
ははは、うまいもんにつられて正直になるかと思うたんやけど、尋ねたあたしがバカやった。
「おう、オヤジも犬のことがちょっとはわかってきたか」 (タロッ)

初物ー柿 (21)
へん、えらそーに言うなよ。
ほ~れ、おかわりやるからたんと食べれ…。
「うまいわ、おやじ。来年もガンバレ!」 (タロッ)




犬コロは節操がないって思う方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。




別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:4 | トラックバック:0 |
鳥になりそこねた犬。
2007-12-01 Sat 03:29
HI360067.jpg

じゃ~ん!
ついにアイリッシュセッター栞さんと会えました。
それもひろ~い淀川河川敷公園で。

HI360065.jpg
「タロちゃん、お久しぶり。あたしと一緒に走ってみる?」 (栞さん)
「あっ、しし栞さんや。ぼくちん今ミミズさがして…」 (タロ助)
お前、なに恥ずかしがってんねん。ずーと会いたがってたやろが、タロ助。

HI360060.jpg
「タロちゃん、行くわよ!」 (栞さん)
「キャ~!!!追っかけや!オンナ犬に追っかけられるのはじめてや!!オヤジ~、どうしたらいいのや!!!」 (タロ助)
タロ助、勘違いしたらアカン。お前はただのルアーやねん。モテてるわけやおまへんて。栞さんは鳥猟犬やからなあ、お前のそのばたばたする耳が鳥の羽に見えるのと違うか?

HI360062.jpg
「ひえ~!!ほな僕ちん、食べられてしまうのか?」 (タロ助)
そういうこともあるかも知れん。
「し、し、栞さん。ゆるちて、僕ちんもイヌ、犬コロなんよ。おたくと一緒なんっ!!」 (タロ助)
「そうら、また行くわよ!」 (栞さん)

HI360064.jpg
「ぎゃ~、オヤジ!助けろ!!」(タロ助)
いや~、もてる犬コロはつらいねえっと。
「さっき、ちがう言うたやないの!」 (タロ助)
おう、がんばれよう。
「ふっへ~ん、鳥さんじゃないよーッ栞さん!たしゅけてーー!!」 (タロ助)

HI360066.jpg
さんざ追いかけられたタロ助は、もう少しで鳥として一生を終わるところでした。
栞ママに助けられてホッとしている犬コロ。
紛らわしいお耳は、後ろへ小さくたたんでいましたわ。


鳥になったイヌも見てみたいって方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | 散歩 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。