スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
拝啓 ゼニゲバ獣医殿
2007-09-30 Sun 00:22
 すっかり秋らしくなった今日この頃、さぞやゼニゲバ獣医殿にあられてはご健勝のことと存じ上げます。ご心配頂いておりますタロ助の乳歯の件ですが、本日目出度く左上顎の犬歯がポロリと抜け、貴殿得意のそろばん勘定に若干の訂正が必要かと思われますのでご報告申し上げます。
20070929215747.jpg20070929215824.jpg
丈夫でビクともしなかったの乳歯でしたが、突然のポロリでタロッちちとしてもびっくりであります。
「6ヶ月過ぎるとまず抜けない」とご説明していただいたときは、「自然に抜けることを待つ」金欠ナチュラリストとしてはかなりの不安を抱えさせてもらいました。
頑強にお勧めいただきました乳歯抜歯手術も、あと一本残しているとはいえ不必要となる見通しが開けたように思います。
20070929215853.jpg手術なしであっけなく抜けた乳歯。

20070818112421.jpg

タロッよ、待っててよかったわ。
なんせこのちっこい乳歯が18000円でそろばんにはじかれるところだったからなあ。
「浮いたそのお金で流行の秋服でも買ってくれんかなあ、オヤジの手作りウェアばっかりではなあ。年頃なんやし、イヌコロジーの親父たのむわ。」(タロッ)
おまえ、イヌのクセにエエ突っ込みいれてくれるやないの。



歯医者のお嫌いな方
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
スポンサーサイト
別窓 | からだのこと | コメント:5 | トラックバック:0 |
天たかく…
2007-09-28 Fri 20:08
20070928162057.jpg 20070928162024.jpg
     「空あります」
時々、こんな看板にお目にかかる。
ぼくはそのたびに空を見上げる。
もちろん、駐車場に空きがある、空室がある、という生活情報を知らせているのだが、僕はその看板の上にどんな空が広がっているのか、つい見てしまうのだ。
なかなかピタリとおさまった看板に出くわさない。
時々刻々と変転する空にどんな看板がお似合いなんだろう。
散歩は楽しいよなタロ助。
20070928183350.jpg
「知らん、しらん!前進、前進前進前進してんねやから、イヌに変な事聞かんとってんかッ」

20070928183945.jpg
「ひゃ~、久しぶりのノーリードや。うるさいオヤジから自由やど。エエ気持ちやわあ。」
20070928184015.jpg
「オヤジ、しばらく黙っとけよ。おもいっきり走るさかいなあ」

天たかく…。
ダイエットがつらいお人は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。

別窓 | 散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
秋の夜長はお月見で
2007-09-25 Tue 21:41
ボクの目先にあるちーさなシロマルがお月さまでがんす。
お月見2
    
     お天気も秋めいてきたこの頃、
             皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今日はというか今日もオヤジと散歩な日をしゃーなく付き合ってやってんねけど、何かココロにすきま風やねんな。
オヤジは昨日からイヌコロジー宣言がどうたら、本日は中秋の名月でタロッにもダンゴでイヌコロジーや、とか意味不明なことのたまわってテンションやばいし。
まあ、あんなんはほっといたらええねんけど、なんかまんまるお月さん見てたら胸がキュンとしてきてしもたん。
オヤジがめっちゃうっとおしい分、虫の声や夜空の月や星がミョウにシミるわ。
「タロッ、ほれアレが名月じゃ、満月じゃ、キレイやろ」
お月見1

わかったし、ヒトに笑われんで、恥ずいしちょっと黙っててくれへんかなあ…、あんたに言われんでも充分滲みてんねんやから…、あ~あぁ(深いため息)。


お団子お好きな方はご遠慮なく
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:1 | トラックバック:0 |
『イヌコロジー宣言』
2007-09-24 Mon 05:23
お気に入り
タロッお気に入りの場所がまた一つ増えた。
ここにいれば踏まれる事はない。
毛布や座布団の下に潜りこまれるとホント分からなくなる。
一度踏んづけたことのあるタロッ母は、【この下にタロッ眠る】」とわかるように旗を立てて注意を喚起。
犬と一緒に暮らすと言う事は常軌を逸する何かが必要なのかもしれない。
おっとっとっとおッとウ○コが落ちる前に手で掴んだり、あくびをすれば口の中に鼻先を突っ込まれたり、太陽が昇る前に散歩に連れに行ったりと、『ありえへん』ことが起こる。
こんな『ありえへん』を普通にこなしていく生活能力はなんと言うべきなのだろう。
単純に『犬バカ』と言えば、万人が理解する。
が、犬コロが持つ魅力を引き出す人間の愛情を、バカ呼ばわりでは熱もさめる。
『犬バカ』の一言で思考停止していたイヌとヒトとの関係を、もっと科学的に分析する必要があるのではないだろうか。
『ありえへん』生活をこなしていくには、哲学が必要なのだ。
いままでなかったそうしたモノに僕は名づけたい。

『イヌコロジ-宣言』

あ~あ、言ってしまった。
ない頭をひねりだして大胆なことを言ってしまった。
なんじゃい、『宣言』だけで終わるのかいッ。
ま、「きょうはこのくらいにしといたるわ」(吉本風に)。

お気に入り307-09-20 (12)
「おやじよ、また変なこと言ってイヌを煙に巻くつもりやナ、イヌコロジー宣言てエコロジーのぱくりやんか、おいら恥ずかしいわ…」(タロッ)
お気に入り1
果物を包んでいたカバーでひとしきり遊んだら、少し眠くなってきたー。

お気に入り6
いつものポーズでご就寝。
見せびらかすほどのモノでもないけれど、今日はいちだんと見せつけてくれるねえ…。
「はあ~盗撮じゃんZzzzzzz-。」(タロッ)
「まあ、そう固いこと言わんと。本日は記念すべき『イヌコロジー宣言』をした日やし」
「zzzzわけわからんしZzzzzz」(タロッ)


イヌコロジーは流行らないと思う方
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | イヌコロジー宣言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ダイヤのエース、タロ助
2007-09-22 Sat 11:42
ダイヤのエース
ダイヤのエースに忍び寄るジョーカー、みたいな写真になったなあ。
路面表示マークってモダンアート張りに主張するヤツだとおもう。
その意味不明さとまわりとかけ離れたポップなラインによって…。
ちなみにこのダイヤマークは【もうすぐ横断歩道があります】という意味らしい。
しかし、正逆どちらから見ても同じ形では、横断歩道を通過してきた車はいつまでたっても横断歩道がでてこない。
こんなへんてこりんなマークで散歩の楽しさは倍増する。
これからはこのダイヤの中にタロッがはいったら『今日はラッキーな日』くらいに覚えておこう。

ジャックラッセルテリア
ジャックラッセルテリア君。
タロ助のピンポンダッシュ挨拶にもめげず、しばしおつき合い頂きました。かなり、ドン引きの感じではありますが…。
07-09-22 (12)
『前進、前進前進前進』
街中のドッグカフェデビューは遠い…。
トイプー
トイプー君には、なぜか全く近づけず。
どんなワンコにも一応は挨拶に行くタロ助だけどねえ…。
さては天敵ニャンコと勘違いしているな。

路面表示に?と思ったことのある方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | しつけとトレーニング | コメント:1 | トラックバック:0 |
熱血、ピンポンダッシュ挨拶。
2007-09-20 Thu 15:37
散歩00 2
堤防には野草や人の手によって植えられた花が、散歩を楽しませてくれる。
小さなアジサイのようなお花の群落で、タロッはひとしきりお鼻で愛でる。
クンクンクンクン、クンクンクンクン。
そんなに吸ってばっかりいたら過呼吸になるで、と思ったら、突然、ブワ~ツとくしゃみのように吐き出す。

散歩00 3
ノーリードのパピヨン君。
よく引き締まった目鼻立ちでニラミをきかせながらタロッの横をスタスタと歩いていく。
タロッはパピヨン君の鼻先に挨拶に行ったと思うとピューッと5メートルほどダッシュで離れ、またお尻を嗅ぎ忘れたとばかり猛ダッシュでパピヨン君に直行する。イタグレ族はピンポンダッシュのイタズラ小僧かい。
この無駄の多いタロッのオーバーアクションに終いには「ガウ!」と嫌がられる。
フレンドリーなつもりだろうが、普通そりゃあ鬱陶しいでタロッ。もっと社会性に磨きをかけにゃいかんな。

散歩00 (1)
ベンチでおとなしくしていた柴君にも、ピンポンダッシュ挨拶。
「ワンワン」吠えまくられても、まだ挨拶が不十分とばかり何回でも繰り返す。
もういいよ、タロッ。
あんたの熱意は、回転の効いたピンポンダッシュではなかなか通じないと思うよ。
散歩00

「きょうもがんばってお友だちいっぱいできたわ。何回もアタックしたらむこうもだんだんよろこんでくれてたし。ちょっとつかれたけどな。明日もガンバロッと」(タロッ)
「あんさん、まちがってるし…」

タロッのお友だちになってもええよ、と思う方
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | 散歩 | コメント:2 | トラックバック:0 |
犬影
2007-09-18 Tue 10:36
07-0917散歩 かげ
早朝の散歩がかなり気持ちよく出かけられるようになってきた。
雨上がりの清浄な大気が、犬影を美しく引延ばす。
いま、タロッと朝の太陽との間には何も邪魔するものはない。
日が当たる、という単純な言葉が、直接太陽と結びつく状況にあることを示す自然現象なのを少しときめきながら再認識した。


07-0917散歩
少し風が吹く。大きなポプラの木の葉音と揺らぐシルエットに、タロッはびびる。
あれが動物だとでも思ったのなら、確かに巨大で怖いわな。

07-0917散歩 (1)
そのポプラのある公園でタロッは半径8メートル(Flexiのリード)の円運動をおもいっきり走ってこなす。
リーダーは走らなくて良いから楽チンらくちん。

秋風をもっと感じたい方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | 散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
イタグレ寝姿四連発!!!!
2007-09-17 Mon 21:03
化け物のお昼寝
化け物かい、あんたは。
まあ、一日に一回はこんな格好で寝言いっとります。
白目むきながらガウガウ空咬み空走り。
夢でしか吼えられない犬なんやねえ…。

お昼寝
うむ、あまりにもピッタンコ納まってるではないか。ここまでやってくれれば文句も言えんわ。
好きなだけ寝てけろ。

キャリーバッグ
タロッのキャリーバッグにひっくりかえってZzzz…。
犬というもの、あおむけで寝るなどとは思っても見なかった。
しかし、結構な頻度でこの無防備白旗非武装白目犬に出くわすんだわ。
犬たるものもうちょっと自覚をもって、キリリと寝てくれないかなあ。

ハンモック (13)昼ね
スノボ犬目指して特訓中。…の甲斐なくいつもすやすやおやすみタロッ。
犬コロもアホな飼い主にエエ加減疲れるのやろね。
せいぜいいい夢でも見てくれ。

お昼寝、お好きな方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | しつけとトレーニング | コメント:6 | トラックバック:0 |
影遊び
2007-09-13 Thu 23:05
太陽が大きく落ちてきたらタロッの散歩の時間。
いつもの散歩道の草原に、長く伸びた僕の影を犬コロはジャンプする。
影遊び
タロッはただ無鉄砲に走り回っていただけかもしれないが、
ぼくには影遊びをしているようにみえた。
ほんのひと時、限りない美しい時間が僕らのうえに降り注いだ。
こんなシーンの記憶があるわけでもないが、
ノスタルジックな気持ちがぼくのどこかで高揚してくる。


順光の写真をあまり好まないが、今日はココロがとってもスナオ。
タロッのボディが美しく輝いている。
9ヶ月の若犬は筋肉ムキムキでもなく、しなやかな肢体を地上に滑らす。
ひかり

今日もカワセミ探鳥の旅は続くが、見当たらない。
タロッよ、いつか野鳥の会会員昇格のために、青サギ1羽、コサギ1羽、カラスいっぱい、土鳩いっぱい、とそのちっこい頭に書いとけよ。
07-0912-カワセミ見当たらず (8)

夕闇もどっぷり沈んだころ、帰りがけにあの少しあまいピーというカワセミの声を聞いた。
僕は顎をあげて、耳を澄ます。
深く沈んだコバルト色の大空がカワセミの姿を消していた。
夕景


サンライズサンセットお好きな方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | 散歩 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ゼニゲバ獣医の後姿がくっくっくっと笑う
2007-09-11 Tue 14:19
一ヶ月ごとのフィラリア予防薬投与の日が来た。
タロッの乳歯がびくともしてないのを確認して、いつものゼニゲバ獣医のところへ。
近所に獣医は4,5軒あるのだが、ご近所の評判も芳しくないこのゼニゲバ獣医をなぜか“かかりつけ医”としている。
それはたぶん初診の印象が良かったからだ。
初めて犬飼になった僕たち夫婦に、ワクチンの効用や子犬時に気をつけることなど、本からの知識では得られなかった事を色々教えてくれたからだ。
さらに体重まで10グラム単位で毎回はかってくれた。タロッは1ヵ月にほぼ1Kgずつ成長した。体重計のないタロ助家には感動だった。

しかしこの感動は、予想もしない形で裏切られてしまう。

診察台兼体重計になっているところにタロッを乗せると「はい、6,12Kg」と言われた。前回が5,95Kgだったので、『ウム、ハーネスを差し引くとほとんど前回と変わらんな、成長が止まったか。』などと考えていたら、あっという間にタロッの口の中に薬をすべり込ませていた。いつも見事な早業だな、と感心。すると
「乳歯は抜く気になりましたか」と突然本題突入。
きたきた、あの早業のなかでタロッの乳歯まで確認しているのだから、ゼニゲバ獣医は油断がならない。
僕としては抜けるまで1年くらいは待ってよいだろうと腹を固めたので、
「はい、とっても頑丈ですね」とすりかえる。
獣医は「…ムッツ」として後ろを向きながら、
「ま、今のところは歯並びにたいした影響は出ていませんが」
というとしばらく間をおき、「…はい。」といってお勘定はそっちよ、というそぶり。
「ありがとうございました…」と言って薬代を払った。
すると、
「1370円です」と助手。
「あれ?前回1050円でしたけど…」と言うと
「はい、体重6キログラム超えると薬の量が増えるので、高くなります」との明快な回答!たしかに120グラム超えている、が、タロッはこの時ハーネスしたままだったぜ。
やられた、と思った。ゼニゲバ獣医の後姿がくっくっくっと笑っているように見えた。

親切に毎回体重を量ってくれる獣医さんと言うイメージが、ご近所のこの獣医に対する悪評を僕の中では後景に押しやっていた。
それが今…。
僅かな額ではある。320円…。
あの感動の体重測定は6キログラムを超えるためのそろばん勘定だったのだ。
感動も勘定に変えてしまう恐るべきドクターゼニゲバ!

タロッと僕は病院のドアを元気なく閉めると、気分転換に出かけた。
いつもの散歩道。
あどけないシーズーが心底可愛かった。

シーズーと遊ぶ


シーズーと遊ぶ


と遊ぶ
ちっこい方はマルチーズとのMIXかな。

ゼニゲバ獣医は
誤解されているかもと思われる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
ゼニゲバ獣医
別窓 | からだのこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
深夜の決闘
2007-09-10 Mon 10:51
深夜、街中を散歩していると子猫がゴミ箱から飛び出した。
タロ助は動くものすべてに追走反応するが、これにはよほど驚いたのか固まってしまった。
散歩で天敵ねこ

なにせ生まれて初めて暴力を振るわれたのがこのネコによるパチパチパンチ。そのトラウマパンチがいきなりありえないところから降って登場したのだから、びっくりするのも無理もない。
子猫はノラらしくタロッを発見すると、身体を丸めて背中の毛を逆立て、「臨戦態勢いつでもオッケーだぜ、こいやコラッ」
この勢いにタロッは明らかに怯えてしまった。僕の後ろに隠れ、様子をうかがっている。
子猫はそんなタロッをみると「ふん、なんやねん。弱すぎ」とばかり逆立てた毛をおさめ余裕で歩き出した。
子猫の後姿を確認するとタロ助はようやく追走体制に…。
20070909194320.jpg

子猫に振り向かれて「ウ~、ワン!」とか言っても時すでに遅し、あんたの負け…。
まさに負け犬の遠吠えでしたワン。
はい、帰るよタロたん。

誰でもトラウマぐらいあるよと
慰めてくれる方、
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | 散歩 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ハンモックと犬
2007-09-09 Sun 17:07
日曜日の朝、家族みんながダルダル。
こんな日はスノボ犬めざしてタロッの特訓だ。
「前進、前進前進、前進」のみの犬やから横乗りをマスターするのは至難の業やろな。
20070909160636.jpg
お、今日はエライ落ち着いているやないか。
横揺れしても動じない。
馴れてきたのか、ちょいと遊びだしたで、こりゃスノボ犬も夢やないかも。
20070909160528.jpg

…と思ったら、なんやタロッの動きがとまってネムネムの表情。
こりゃ~もっと技をみがけ、おまえのジャンプ力ならトヨタビッグエアーも行けるはずじゃ…
20070909160800.jpg

ありゃりゃ、特訓中に寝る奴がおるか!目を開けろ~!
20070909160837.jpg

だめだこりゃ、しっかり爆睡モードに入いちゃった。
犬にとっても横揺れは気持ちエエのやな。
ハンモックでは全然スノボ特訓にならんわ、ってあたりまえか。
20070909160915.jpg

まあ、他の家族が爆睡中だからタロッが寝てしまうのも仕方ないか、わてもネヨっと。

寝たり起きたり二度寝、三度寝の日曜の朝でした。

ハンモックお好きな方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | しつけとトレーニング | コメント:2 | トラックバック:0 |
台風
2007-09-08 Sat 15:38
朝、「パン屋さん行くよ」と呼びかけると、
タロッはジャンプしながらお尻を後押しする。
犬コロに急かされながら家を出ると、8時をまわった太陽はすでにアッチッチ光線炸裂。台風通過の影響か、9月に入っても強烈な日差しはおとろえない。
この夏3分で倒れた記録を持つ熱中症犬タロッは、そんな記憶はございませんとばかり玄関で、待つ。
20070908084352.jpg

小さい店内は数人のお客さんでいっぱいだった。
レジを待つ間に、おりこうにしているタロッをパチリ。
パンの焼け具合とタロッのボディと同じ色やな、などと考えながら3分、4分とたっていく。
20070908084526.jpg

いつもなら1分ほどで出てこられるのだが、パン屋さんを出たら5分過ぎていた。
タロッは限界だったらしく、ヨロヨロと抱っこを要求してきた。
スマン、スマン。どうもオス犬だから手荒に育てるくらいが丁度いい、という思考が働いてしまうようだ。頼りない四っつの足をすくい上げると、身体の火照りは確かに異常だった。
これからは日陰に繋ぐしな、ユルセ…。
20070908084429.jpg

先日の台風9号の影響か、送電線鉄塔のメンテナンスに攀じる2人。

首都圏を直撃した台風は多摩川『住民』を飲み込み、東北では収穫直前の「ラ・フランス」に被害を与えた。
日本はこれから台風の季節だ。毎回繰り返される惨劇。
タロッの熱中症を防ぐような簡単なものではないだろうけど、自然の猛威に比べて必要な人間の手立てがキャシャ過ぎる。台風の国あげての防護策が欲しい。

ありがとう!
別窓 | 散歩 | コメント:3 | トラックバック:0 |
カワセミく~ん、どこへ行ったあぁ
2007-09-04 Tue 22:12
渓流の宝石といわれたカワセミが、いつもの小川にくる。
ちょこんと堰堤に降りて川面を見ていたかと思うと、ツーーーゥと枯れ枝の先端に一直線に飛んでいった。
最近は街中の金魚屋さんの水槽にダイブした、なんて話も聞くくらいだから出会っても驚くことはないけれど、その美しさと愛らしさはやはり素敵だ。
日本野鳥の会会員になりそこねたタロッは、ひねくれもせず今日もカワセミ探鳥に出かける。
20070903130110.jpg
「昨日はここで見たんだけどなあ…」(タロッ)
「うん、いつも来てくれるとは限らんからな」
20070903124737.jpg
「どこにいったんやろ」(タロッ)
「また来るって」
20070903130053.jpg
「なんか、他人に思えんのよ。前進、前進前進、前進やろ、あいつも」(タロッ)
「うむ、あいつはホバリングなんて器用な事もするし、水も怖がらないぜ」
「ふん、あんたキライ。カワセミく~ん、どこへ行ったあぁ」(タロッ)
別窓 | 散歩 | コメント:4 | トラックバック:0 |
オトナの夜の散歩
2007-09-03 Mon 17:28
引っ越して1年ほどが経つ。
家から歩いて三分のところに小さな川がある。
土手は散歩道になっている。
車は入れず、人も犬も自在に動く。
このロケーションがなければ、僕は犬飼になってなかった。
土手の散歩

小川にはコサギが優雅に立ち、コイが背びれを見せる。
桜並木があり、ビワやスモモの木がある。
ビワの木は結構どこでも見かけるが、スモモの木は初めて。
6月だった。
スモモの木を発見した時は驚いた。
それも食べごろの赤い実をたわわにつけて、僕はあわわと大きな口を開けた。
好きな果物は?と問われればスモモは絶対ベスト100に入る。(100もあるんかい)本当はナンバー1なんだけど、そう言い切ってしまうには余りにも他の果物がおしい。『ラ・フランスはどう?』と聞かれれば、それが1番かも…となるし、『スイカやモモはどうなん?』と尋ねられると、それも困ってしまう。
そんなナンバー1な木が自生しているのである。
お目目・・茫然自失の中で、僕は次のようなことを考える事が出来たのだからエライ。
①、確かに土手に自生しているが、「オレが植えて管理してるのだ」と言い出すジジイがおらんとも限らない。
②、今おおっぴらにスモモ収穫祭に動けば人が寄ってくる。その中にはスモモベスト2くらいの奴がいるかもしれん。
③、①も②も取り分が減る。必要な分だけ、まあ欲しいだけ頂ける方法はないのだろうか。少し暗くなるのを待ってからヤル!これしかない。

僕は、辺りを見回し、今まで見上げていたものが何なのか悟られないように、そっと現場を後にした。
なにやら犯罪者心理に裏打ちされているようで良心が揺らいだが、僕の状況判断は正確だった。
蚊にボコボコにされるというアクシデントはあったものの、
その夜の食卓にはとてもビューティフルなスモモちゃんが並んだのだから。
「あ~そうだった。僕も蚊にバンバンに刺されたわ。それよかスモモひと口も食べてないで」(タロッ)
「スモモはな、大人の食べ物なん、オトナの!」
おおまぐれのお座り
なんやこの犬、いつもおすわりなんかしよらんくせに。
そんな昔の事考えてないで、ほらお友だち来たよ!
20070903124800.jpg

別窓 | 散歩 | コメント:2 | トラックバック:0 |
田んぼ見張り犬
2007-09-01 Sat 12:44
家の南側と西側は田んぼだ。
水が打たれ、風に稲穂がそよぐ風情には、目を細めたくなるほど涼感をさそわれる。
可愛いしぐさでイタチが遊びにも来る。
田植えの頃には、カエルが鳴き、ケリがけたたましく舞う。
街中でがんばるお百姓さんに感謝だ。
ときおり朝5時くらいから草刈機の爆音で目が覚めることもあるが、その元気さに驚くばかりで不快さや怒りなど眠ったまま。
手入れするお百姓さんより、どれだけ僕たちは恩恵を被っていることだろう。
そのお返しではないが、凡犬タロッを『田んぼ見張り犬』に仕立てるべく窓際へ。
田んぼの監視

うむ、なかなかいい面構えだ。
田んぼから一瞬たりとも目を離さない。
これは初めてモノになるかもしれん。
田んぼの監視
おーっ、どうした、お耳ペタペタで凝視に次ぐ凝視。
田んぼの敵でも見つけたか?

田んぼの監視
おっ、おっ、今度は飛びかかろうとしてるではないか。
でも、タロッの目線の先には青々とした田んぼが広がるばかり…。

わかった。こいつ、田んぼの中を走ろうと思っているのだ。
散歩に行くと、草むらの中を突進していく。自分の背丈より高く、疾走している姿がまるで見えないところにも全速力で走る。臆病なタロスケを見直した一面だった。
いま、外に放てばまちがいない。田んぼの中を全力疾走や。
あ~ぁ、田んぼの敵はお前やったんか。

別窓 | 散歩 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。