スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
平和の象徴に野生の血がさわぐ。
2007-08-31 Fri 15:23
青空がのぞいた雨上がりの朝、久しぶりの公園へ。
だ~れもおらん。
公園散歩


鳩が濡れた羽をかわかしてる。
今まで猫にパンチをくらったり、ワンコに吼えられ咬まれそうになったりしたことはあるけど、鳩は安全、平和の象徴。そこらへんはタロッも理解している。エライ!
タロッのココロに野生の血が沸き起こる。
追いかける、おいかける、空に飛んでいってもまだ追いかける。
濡れショぼった鳩だがタロッに捕まるようなヤツは決していない。
羽を広げて穏やかなひと時を過ごしていた鳩たちは、全部蹴散らされて木の上に避難。
「僕ちゃん、強すぎや」(タロッ)
公園散歩
木の上の鳩にガンを飛ばし自慢げなタロッ。

こんなアホな犬コロといつまでも遊んでいられない。また雨がポツリポツリしてきた。
急いで今日の用事を済ませに、役場へ行く。
PA0_0001.jpg
前進、前進、とにかく前進!
ときおり直立二足歩行も交えさらに前進!
「タロッ、お前どこに行くのか分かってんのか、こっちやで」
アイコンタクトなどありえない、無理やり曲げられた方へ前進、前進前進!


役場前
役場の入り口につながれ、しょんぼり。

役場前

15分ほどで用事は終わった。
役場の中からタロッの様子は見えていたが、なかなかおりこうさんやった。
通り過ぎる人に耳で愛嬌振りまいてましたわ。
「えらかったね、タロッ。約束のお駄賃、クッキーやで」
「なんや、半分かいな。相変わらずケチやなあ…」(タロッ)
スポンサーサイト
別窓 | 散歩 | コメント:6 | トラックバック:0 |
ナチュラリストの末路
2007-08-27 Mon 20:42
ミリタリーウェアである。
おそれていたペアルックである。
イヌとヒトのボーダーラインを超えちゃた、やってしまった。

ペアルック


嫁さんとさえありえないスタイルだった。
なぜだ、わからん。
さらに、リードはヒトの首に巻かれている。

『自然が一番エエ』という一枚看板をタロッに降ろされ、崩壊へと導かれたナチュラリストの末路なのか。
ペアルック1
なんとおやつでご機嫌取りまでしているではないか。


「ちょっと、きしょいからそばに来んとってや。先が思いやられるわ…」(タロッ)
ペアルック2


別窓 | しつけとトレーニング | コメント:4 | トラックバック:0 |
ナチュラリストの崩壊
2007-08-26 Sun 11:41
ビーグルに変身

おもちゃと遊ぶイヌを見るのは実に楽しくココロ癒される。

愛しのブ~子ちゃん(ぬいぐるみ)に優しくすりよる時、ひっぱりっこのロープに必死の形相で噛み付くとき、持って来い遊びの従順さ、探し物遊びで見つからない時の情けない表情など、イヌ的能力発揮と一生懸命さの中に「あほやなあ、おまえ」と言う部分がどこかにある。
それをコントロールするヒト的優位さが清々しく浮き立つシアワセ。

しかしちょいと目を離すと、壁をかじる、デジカメをテーブルから落とし壊す、買って来たばかりの服をひと噛みで着られなくする、クッションを穴だらけにするなどイタズラがひどい。
「こら~ダメやんか」と怒鳴っても、イヌ的スバヤサとヒトの不注意を嘆くしかない。

イヌはどちらも気分よくこなした作業であり、イタズラなどというのは人間の作った濡れ衣だわな。
「タロッお前はいつも自然なんやなあ」と羨望のココロで犬コロを見るヒト。
その時突然イカン!』という大文字が頭の中を走った。
もう無理やりタロッの頭にビーグルの“かぶりもの”を被せると、後は怒涛の撮影会。
ビーグルに変身2


なにやら得体の知れないものに突き動かされた僕は、チカラでは勝ったがココロは大きく折れていた。
「ほうれタロッ、ビーグルちゃんみたいでキャワイイぞい」


「うるせー、こんなん家庭内ペットDVやろ、訴えてやる~!」
20070825024719.jpg



犬コロタロッの『自然さ』に嫉妬した、
ナチュラリストの崩壊
であった。
別窓 | しつけとトレーニング | コメント:2 | トラックバック:0 |
ナチュラリストの一枚看板
2007-08-24 Fri 10:32
犬に服 愛護すぎれば 拘束着
服を着た犬が散歩していると、かわいそうにもっと犬らしく自然に暮らしたいやろうに、と思っていた。

タロッが家にやってきたのは真冬の2月。超短毛種のイタグレには辛い季節だった。ヒーターの上でまるくなりストーブの前でいつも暖をとっていた。散歩もままならず、風が少しでもふけば脚プルプルで動けなくなっていた。
「♪雪やこんこんあられやこんこん♪ってタロッは知らんやろうけど、あんたそんなんしてたら猫と間違われるで」

もう『犬に服』と躊躇していられなかった。

♪かあさんが夜なべをして~♪
チチはせっせとタロッウェア、編んだだよ。

といってもフリースジャケットのお古で腕の部分を利用。一着でなんと犬コロウェア2着できちゃうのだ。
前足のところは楕円状に切り抜いて、背中から腰のラインだけ縫ってやった。
フリースは切り目を入れてもほどけにくいので末端処理も必要ない。
首の長いイタグレの異様なスタイルにもぴったり。
20070824104932.jpg


散歩に連れ出すと、走り回って快調だった。
少々汚れても、洗えばすぐ乾くし、保温力、軽さ、伸縮性もあり、パピー犬には最高のウェアと自認。

2か月から5か月までのおちびさんにはちょうど良かったが、胸も厚くなり体重6キロとなったタロッに、来年この手は使えない。
しゃあないから今度は足を使おう。
え~とどこかにフリースのパンツはなかったかいな。
ドッグウェアが一着平気で5、6千円することを考えると来年もプライベートタロッブランドを立ち上げざるえない。
20070824105047.jpg


なお、このくそ暑い夏でもイタグレは服が必需品。
毛がないけど、ケガたくさん。
活動的なこの犬はプロテクター代わりに服を着用させる。
単純ナチュラリストの一枚看板だった
「自然が一番エエ」
という人生訓をこともなげに打ち破った犬だった。
20070824105021.jpg

上がタロッママのフリースジャケット、
下がタロッちちのフリースジャケットだった。
別窓 | ウェア | コメント:1 | トラックバック:0 |
ナチュラリストとゼニゲバ獣医の対決
2007-08-21 Tue 04:03
昨日、フィラリアの薬を飲みに行った。

ゼニゲバ獣医
はタロッの乳歯を確認すると、
「乳歯は6ケ月で抜けるそれすぎると残る可能性が高い。
全身麻酔で半日入院一万円だが、検査もするとあと八千円必要。
乳歯を残すと虫歯や炎症を起こしやすい。
ペラペラスラスラ…」

医者の言葉は歯切れよく分かり易い。
抜くしかない、そう思わせるチカラがある。
んだけどね、そのチカラは明らかにわたくしの財布を狙ったチカラでもあるわけで、強ければつよいほどわたくしは急遽ナチュラリストに激しく変身するだわ。
もう少しタロッが一歳二歳くらいまで体力つくのを待ってえとか、
ブラッシングをこまめにいとか、
一歳くらいにナチュラルにポロンと抜ける可能性があとか、ないんかい。
抜くしかないッ情報だけでは信じれん。

紳士ナチュラリストは、そっと尋ねる。
「ダメージはどうですか。」

即答である。
「ないですね、日常的です。何かあるといけないので半日入院してもらいますが犬は平気です。」

素晴らしい。「日常的」といい「犬は平気」といい単語の使い方のあやしさはあるものの、『乳歯は抜くもの』との強い信念はいまや日常的にこの獣医からオーラを発し、ゼニゲバ獣医とののしられようが全く平気なのであった。

この恐ろしいほどの気迫にへなちょこナチュラリストは
「はあ、またきます…」
だと、はっきりセンはこの男は。

ひとまずそのままの乳歯


タロッは歯を抜かれずとりあえず安泰であった。


別窓 | からだのこと | コメント:6 | トラックバック:0 |
リサイクルでおもちゃ仕様
2007-08-20 Mon 01:55
ひっぱりっこ用おもちゃ

20070813184427.jpg



何年も使われる事なく眠っていたシュリンゲ。
こんなんで遊んでくれたら助かるわ、何十本もあるしなタロッ。なんなら50メートルザイルも2本あるぞ。
冬山やフリークライミングに行かなくなってひさしい、今はリフトのついてるお山しかいかない軟弱ボーダーっす。
「タロッ、ロープ持って来い」
咥えてもってくるのは靴下、ぴょん吉、ガブだまと手当たり次第。
まぐれで最初に持ってきたときはべた褒めしてやるが、違う時は「ノン」と言って遊ばない。

ガブだま

20070820014837.jpg


単なるバンダナにひとくくりくれてやっただけ。
時々ひとくくりの中におやつを入れてやる。

リサイクルでおもちゃ仕様になったものがナゼダカ多い。
親孝行のタロちん。
別窓 | おもちゃ | コメント:2 | トラックバック:0 |
医者不信はWWWドットコム
2007-08-19 Sun 10:09
歯みがき


一ヶ月ごとのフィラリア投与のたびに医者は「歯を抜こう」と言う。
上顎の犬歯が2本乳歯のまま残ってるためだ。
ナチュラリストの僕としては、『そんなもんほっといても抜けまっしゃろ、ローインパクトの自然が一番!』と思ってるが言い出せない。
「はあ、そうですね…」と色ない返事でごまかしてきた。
はっきりいえないのは『この医者、歯を抜いてまた銭もワシの財布から抜こうとしてるな』とヨコシマナ考えが頭をもたげてくるからだ。
どうもタロッと生活するようになって財布が軽くなってきた。
タロッちちもタロッははも医者など最近行ってない。少しくらいの風邪や熱は寝て治す。
のにこいつときたひにゃ、混合ワクチン、狂犬病注射、嘔吐したからレントゲン、点滴、フィラリア予防薬…と医者にかかりきりやで。
さらに歯科医療代まで嵩むのかい、『ハスッパタロッになったらこんどは歯列矯正でしこたま取るつもりや』と医者不信はWWWドットコム末広がり。

タロッの乳歯


銭がないのをナチュラリストで逃げているタロッちちが無知なのか、
強欲ゼニゲバ獣医の投網におさまるのか、
タロッの丈夫な乳歯を見るたびに深く哲学する最近である。




別窓 | からだのこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
タロッの海苔巻き
2007-08-18 Sat 12:58
昨日はタロッママのお友だち5人(プラス赤ちゃんお一人様)が来訪。
夏バテタロッもこの日は、絶好調でした。
ご機嫌バロメーターのシッポフリフリはぶちきれんばかりのマックス状態。あっちへこっちへ飛び回って遊んでもらいました。

20070818125320.jpg



すしネタ無くなったシリコンバレー氏、タロッの頭に海苔を巻きだしたあああ~っ。

20070818125249.jpg



花火初体験、誰が一番長持ちするかの線香花火選手権で締め。


20070818125341.jpg


「また来てね~、タロッより。
別窓 | ごはんとおやつ | コメント:3 | トラックバック:0 |
夏バテその3、リラックス
2007-08-18 Sat 11:34
お散歩だめ、食事だめ、となりゃあとは寝るしかない、
手作りハンバーグならぬ手作りハンモック。
古いテントをつぶして、手縫いで生き返る。

20070818112421.jpg


もちろんタロッ用ではない、ヒト二人乗っても全然大丈夫。
細引きロープを編んで作ったことがあるが、顔に跡が残る。なにやら{M」っぽい。このテント生地が最高に丈夫で、お顔にもやさしい。
ゆらゆら独特の横揺れは、ハンモックしか体得できないやろうなあ。
ひたすらリラックスの犬コロ。

20070818112301.jpg


横のりスノボ好きのリーダーとしては、スノボ犬タロッを夢見るのであった。

20070818112347.jpg


絶対無理やッ。

別窓 | おもちゃ | コメント:0 | トラックバック:0 |
夏バテその2、熱中症
2007-08-16 Thu 01:39
20070816013922
7月の最高に暑い日だった。
お昼の1時、散歩に連れ出した。
いつものコースなので直立二足歩行やんと思える程引っ張るタロッが、今日は後ろからお利口についてくる。リーダーとしては鼻の高いシーンである。
有頂天て歩いてると、リードが引っ張られタロッがゴロンと寝ている。何が起こったのかわからなかった。直ぐに立とうとしたがタロッはまたヘロヘロと倒れた。
急いで抱き上げ家に戻った。
この間三分ほど。
お陽さんガンガンのチョイとむちゃな散歩やったかもしれんが、たった3分で倒れるか。
弱っ!
家に着くころには回復してたから安心したけど…。
しゃあないからお家でジェンダー教育でもしとくかッ。

別窓 | からだのこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
8月15日 終戦記念日
2007-08-15 Wed 15:35
今日は終戦記念日。
亡くなった人やご先祖を供養するお盆でもある。
この独特のめぐり合わせを日本は持っている。
しかし、戦争で肉親を亡くした経験を持つ人が年々減り、
この二つの行事をストレートに結べなくなっている。
そんな隙間に乗じて、戦後教育の清算だとかイラク派兵だとか憲法改正だとかお調子者がかまびつしい。
インド産の佛教が日本に根付いたなら、アメリカ産だか国内産だか知らないが、大きな犠牲をはらって出来た「憲法9条」を日本に根付かせたいと思う。

ミリタリーハーネスで身を包むタロッ



親の心、子知らず
タロッはミリタリールックで身を包むが、
「戦争できる国」になったらあんたかて軍用犬で徴用されるかも知れへんねんで、まあお座りがまぐれで出来るくらいでは無理やろうけど…。でもな食用としてなら充分ありえる話やど。
別窓 | ウェア | コメント:3 | トラックバック:0 |
夏バテその1、食欲不振
2007-08-15 Wed 13:54
体温ほどもある連日の暑さに、タロッはバテバテ。
28度のエアコン設定をしているにもかかわらず、ダレまくり。
いつものユーカヌバのパピー用には見向きもしない。
別に仕事やお受験、趣味などが犬コロにあるわけでもないので1日中ゴロンとしていても誰もとがめないけどね。でもね、まだ成長期のお坊ちゃまなんだからご飯くらいは生きてる証しとして元気よくパクついて欲しいワ。
ココロを痛めたタロッ父は自分の好きなカツオ節を振りかけてみた。
さらにドライフードにお湯をかけ3分待った。
仕上げにタロッの大好きなクッキーのにおいでじらしてみた。
おつおつお~
立ち上がったぞお、お耳もピンコ立ちだあ
ドヨ~ンとしていた目玉もお皿一直線のマンマルコ!
飼い主リーダーSの快感はさらに続く。
タロッが一歩前に突き進もうとしたそのとき
「待て!」
非情な一声、タロッはピクリとしてこちらを見ている。
ふふふっ私にとっては至福のひととき。
犬コロの一生すべてを今手にしている実感…。
無音5秒間、幸せ…
限界は知っている。
「よし!」


タロッにとっての幸せというものがあるのかないのかそれは分からないが、僕にとっての幸せは明らかだ。
だから優先させてもらう。
この無音時間の延長を。

鰹節てんこもり

別窓 | ごはんとおやつ | コメント:2 | トラックバック:0 |
無二の親友
2007-08-14 Tue 03:10
20070814031022
カエルのピョン吉。
これもタロッママお気に入りのもの。8年前イギリスの雑貨屋さんで買ったのだが、実はペット用品ショップだったというお話。先見性あるというかなんというか…。
かなりしっかりしたラバー製品で、タロッのストレス噛みにも十分耐えるすぐれもの。強く圧すとこのカエルは英語で「ニャッー」と鳴く。
別窓 | おもちゃ | コメント:0 | トラックバック:0 |
タロッの恋人
2007-08-13 Mon 17:45
かってタロッママの愛人だったブ~ちゃんは、タロッの恋人として復活。ぬいぐるみの中に手を入れて口を動かし表情を出す。
タロッは身をすりよらせくねくね、アウアウ。隙を見せるとブ~子ちゃんの背中にまわって、腰クイクイで目はうつろ。
8ヶ月のお坊ちゃまだとおもっていたら、やることはやるのね。
一緒に遊んでいたタロッ父、「早めの英才性教育」とすましたがぬいぐるみから手が引けていた。
20070813174733.jpg

別窓 | おもちゃ | コメント:0 | トラックバック:0 |
タロッ ブログデビュー
2007-08-12 Sun 17:40
お盆休みでブログ作成、念願かなって立ち上げた。次回アップが正月なんてことにならないよう気まぐれな犬ころに大いにふざけてもらおう、いくぜDog'n Roll タロッ!!
20070812173203.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。