スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
狂犬病  日本とアイルランド
2009-04-19 Sun 00:47
友人
アイルランドで知り合った友人が遊びに来てくれた。
彼はアイルランドで旅行会社をやっていて、仕事で一時帰国。その合間を縫ってわざわざ訪ねてきてくれた。
お昼の1時から飲み、食いはじめ夜の11時近くまで…。
これほど飲んだのは最近に記憶がない。
もっとも僕は飲むより食べる方が多かったが。

彼もワンコ大好きで、アイルランドでボクサーなど3匹飼っていた経験もある。

友人1
その友人は「アイルランドでは狂犬病注射はしていない。発症してないから」と言っていた。もちろん海外へ行くときとか、輸入するときなどは注射をするということだ。その輸出入検疫は厳しく、タロ助をアイルランドに連れて行こうと思ったができなかったのはこの検疫制度のためだ。3ヶ月から半年も検疫のため係留されるので、僕たちの一週間程度の旅行では不可能なのだ。


日本でワンコの狂犬病が1956年以降、53年間発症してないというのは、根絶したってことになる。
しかし犬は発症していないが、人間は1970年に1人と2006年に2人(海外輸入感染)狂犬病で亡くなっている。
狂犬病という名前は、イヌだけをイメージさせがちだが、全哺乳動物、さらにニワトリやアヒルまであるようだ。

単純化して言えば、この日本で狂犬病注射する必要があるのは人間ってことになる。
毎年、春になったら人間に狂犬病集団予防注射のお知らせが届くようになるかもしれない。

今の日本で一番危惧されるのはワンコたちではなく、ヒトかもしくはペットブームで大量輸入されてくる動物たちではないだろうか。
まったく検疫がされず素通り状態、これこそが最大の問題点だろうと思う。
行政がこうした現実を放置したまま、従来の犬への接種義務だけで責任放棄しているのはマズイ

ここを改善しなければ 、
ワンコと飼い主たちが築いてきた53年間無発症の歴史が水の泡になりかねない。

日本で、犬に咬まれて狂犬病になることは100%ないにもかかわらず、咬んだ犬が狂犬病注射をしていなかったと言うことで大騒ぎになり、ワンコが殺処分になったことがあった。

これなどは、狂犬病という病気そのものではなく、狂犬病にたいする偏見が市民一般的に植えつけられた結果の「狂犬病フィーバー」と言えるのではないか。
「魔女狩り」や「狼が来る」のたぐいだろう。厚生労働省のホムペにも犬に咬まれた場合「日本国内の場合、狂犬病は発生していないので感染の心配はありません。」と書かれている。

こんなことが再び起きないためにも狂犬病に対する正しい知識を持ちたいものだ。
犬だけが狂犬病になるようなこの病名、なんとかならんかね。
スポンサーサイト
別窓 | からだのこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
奥さん、耳よりな話です。
2009-03-27 Fri 18:36
耳の状態で犬の気持がわかるエクササイズができました!

その1

「左右の耳が中央に寄っている場合」
耳
犬はとっても満足していて、飼い主に感謝の気持でいっぱいの時です。
犬がこんな状態のときは大変めずらしく犬と飼い主双方がシアワセ感で満たされた至福の瞬間と言えますでしょう。
愛犬との素晴らしいひと時をたっぷり過ごしてあげましょう。


耳1
「おっさん、耳よりな話って…。アホかいな、単にワシの耳を寄せただけやろうが…」  (タロ助)

ま、タイトルからしてあやしげな記事だろうというアナタ、だいたいしぇ~解。


その2

「両耳ともピンコ立ちの場合」
耳4
これは元気いっぱいの ア・カ・シ。
たぶんどこもかしこも元気印でピンピンピンのはずです。
こんな時はお外で力いっぱい発散させて遊ばせましょう。

「いや、元気やから立ったのではなく走ったから立っただけやで」   (タロ助)


その3

「両耳が後ろで交差している場合」
耳9
飼い主のコマンドをひとつも聞き漏らすまいと集中している時。犬にはもうあなたしか見えません。
犬を飼っていて良かったと思える充実した場面ですね。

「け、早く食べさせろ。いらつくんじゃ!」   (タロ助)

その4

「三角お耳の柴犬になった場合」
耳13
犬は自分が洋犬扱いされるのを本当はつらいのです。だって日本で生まれ育った上に、英語とかイタリア語とかまったくしゃべれないのです。だから和犬になりたがる欲望が耳に現れたりします。
こんなときはお座敷で手毬ででも遊んであげてくださいね。

「オヤジ、輪ゴム取れよ」   (タロ助)


その4

「耳がなびいている時」
耳11
馬耳東風と言えるでしょう。
こんな場合は、何を言ってもだめ。右の耳から左の耳へ抜けていってしまいます。
少し疲れているのかもしれません。ゆっくり愛犬と添い寝でもしてあげてくださいね。

「ちゃうやろ、無理やり起こしやがって」  (タロ助)


その5

「ローズイヤーまるだしの時」
耳7
愛犬はあなたと居ることに自信と誇りを感じています。
あなたもローズイヤーになりましょう。

「あ~、どこか遠くへ行きたいぜ」   (タロ助)


その6

「片耳立ちの時」
耳8
あなたの愛犬はお友達を探しているようです。少しさみしがっている状態ですね。
ほおって置くと片耳だけ巨大化するかもです。
しっかりと愛犬とスキンシップしてあげてくださいね。

「また、エエかげんなこといいやがって…、耳に風が入ってるだけやろうが、もう!」  (タロ助)


その7

「テンガロンハットになった耳の場合」
耳10
カウボーイならぬ牧畜犬への強い憧れがあるようです。
牛の群れを集め、昼と言わず夜と言わずオオカミから牛たちを守ります。そんなワイルドな犬に愛犬が憧れを示している状態がコレ、テンガロンハットイヤー。
こうなったらしかたありません、あなたが牛さんになってあげましょう。

「たのむわ、これ以上手を焼かさんとってくれ」   (タロ助)


耳14
「おっさん、他犬(ヒト)の耳で遊ばんとってくれるか」  (タロ助)   
別窓 | からだのこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
金運とミスマーク
2008-07-18 Fri 20:55
耳とマーク
前日のブログでタロ助のバットマンマークをレポしたが、本日はタロ助のミスマークについて。

タロ助のうなじにはダイヤの白がポイントされている。
口の周りのホワイトと共にこれは明らかにミスマークなのだが、タロッ一家はお気に入りなのだ。

「これは金運あらたかなる神のお告げにちがいない。いつか札束をくわえて帰ってくるはずや。大事にせないかん。」  (タロッちち)

「名札でしょう。名前が書けるもん。」   (タロッママ)



ハンモック 001
「ちゃうちゃう、君たち勝手すぎる。単にかっこいいだけやで。…こんなんが飼い主ですわ。がっくし」  (タロ助)



名札タロ助
これは画像処理でペイントされたものだが、ほんとうにタロッママはワンコの名前をこの金運マークに書いた事があった。
運が逃げる、バチがあたる、やめなさいそんなこと。

「いや、それは虐待やからやめなさい、というべきやろが、プンプン!」  (タロ助)




ミスマークって失礼やわ
あたしらの責任やないと思う、
ってワンコはポチッとお願いします。
どうもありがとうございます! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。




別窓 | からだのこと | コメント:9 | トラックバック:0 |
バットマン!! タロ助!!!
2008-07-17 Thu 20:16
バットマンマーク2 
以前から気になっていたのだが、タロ助は実はバットマンだったのだ。
 
暗黒の街、ゴッサムシティに夜な夜な悪を退治するために飛び回っている、んなわけないがタロ助の胸にどう見てもバットマンマークがある。
とてもくっきりみえるときもあるが、ぼやんとしている時もあり一層バットマンの謎めいた変身に近づく。

顔の方が蝙蝠っぽい感じもしないではないが、この際胸の辺りに注目していただければ幸いだ。


バットマンマーク1  バットマンマーク
タロ助の体勢が少し傾いているので、分かりづらい写真だが、もっとくっきりマークが浮き出る時もある。

みなさんところのイタグレさん、やはりバットマンでしょうか?




懐かしい音楽とともにどうぞ。え、こんなテーマソング知らないって…。うむ、バットマンといえばこの音楽なんだけど…。スイマセン、古すぎですね。



ワンコはみんな正義の味方
バットマンマークがあるんだぜという
ワンコは
ポチッとお願いします。
どうもありがとうございます! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | からだのこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
お肌のトラブル
2008-07-06 Sun 12:37
お肌のトラブルー (1)
スズメにうつつを抜かしてる間に、タロ助がトラブっていた。
ひとつは、腰のあたりに2,3センチ幅のシコリ。


お肌のトラブルー
もう一つは、右半身にブツブツ出現。
ダニだろうか、ノミだろうか?
あまり痒がらない感じなので違うものかもしれない。


お肌のトラブルー (2)
うり坊のようにも見えて、かわいいかも…。
と思っているのはタロッチチだけのようで、タロッママはせっせとお医者に連れていかはりました。

実は、同じ症状でお困りのイタグレさんがいました。Uoo様、首のシコリ、ブツブツとそっくり。所在も同じH市なので水道の飲み水か、大気汚染か、税金の払いすぎか、って思いましたが、たぶんどれも違うみたいなので深く考えませんでした。
詳しくは、「王様レシピ」へどうぞ!
なんでも日和見感染とからしいです。(は、初めて聞いた!)そういえば、タロ助はこのブツブツが発症する前に赤い発疹がお腹にできたことがありました。免疫力の低下が招いた症状らしい。



蓮ー
けばいモノをお見せしてしまったので、近くの田んぼに咲いた蓮の花をどぞ。



蓮ー (3)
タロッちち、お気に入りのアイテム。
カモノハシのように泳いでくれへんかな~、タロ助。

「ムリ!息でけへんし」  (タロ助)


日和見感染と聞いてどきっとされた方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。


追記
お医者の処方は、ステロイドと抗生物質でした。
コレが聞いたのでしょう、今はほとんど目立たないくらいになりましたので、ご心配ご無用でございます。


別窓 | からだのこと | コメント:6 | トラックバック:0 |
タロ助、負傷する。
2008-06-11 Wed 10:55
負傷ー (6)
新しいメッシュのハーネスをつけて誰もいない夕暮れ時を軽快に走る。
タロ助の走りは、広さや地面のコンディション、または気分によって走り方が変わる。


負傷ー (1)
タロ助、ご機嫌なようで『欽ちゃん走り』も見せてくれる。



負傷ー (7)
6月になり野草が相当伸びてきている。
30~40センチくらいの高さに伸びたところがあり、そういうところをタロ助は好んで走る。
このときの走り方は『キツネ走り』だ。
ぼくらが勝手に名づけているが、四肢をほとんど同時に使ってジャンプしながら走る。
ピョ~ン、ピョ~ンとキツネが跳ねるように走るので、こう呼んでいる。
シッポにボンボンでも付けたらキツネと見間違うだろう。



負傷ー (4)
散歩の子どもを見つけて挨拶に行ったり、無邪気に走っていたが…



fusyou- (1)
僕の足元にまつわりついたかと思うと、へたっと崩れそうによろけた。
抱き上げてみると、狼爪がはがれ血を流している。



fusyou- (8)
僕は抱き上げたまま、とりあえずボトルの水で傷口を流してやった。沁みるのだろう、足を引こうとするががまんさせた。

ケガをしたのがどの時か不明だが、まったく鳴かないので僕のところに知らせに来るまで分からなかった。
生まれたばかりはそれほどでもないらしいが、成犬になると神経もあり出血もひどいので狼爪の切除は全身麻酔が必要と聞いた事がある。
タロッは痛みでよろけたが、悲鳴一つ上げるわけでもなく耐えた。



fusyou- (3)
爪はブランブラン状態で僅かに皮一枚でつながっている。



fusyou- (9)
家に帰ったら、ハサミで切断してやるからな、タロッ。がんばれよ。
抱きかかえたまま2キロほどの家路を急いだ。
医者に行くかどうかは、タロッの様子しだいかな。
気分は重く息苦しかった。


fusyou- (20)
無事、狼爪がとれ、包帯を巻いたところ。
「さわったらダメ」とコマンドをいれる。
犬にとってかなり気になる場所とモノが目の前にあるのだが、タロ助は触ろうとしない。
自分の異変を感じているのだろう。




fusyou22.jpg
タロッママが帰ってくると、さすがにタロちちの野蛮な処置にあきれたのか、包帯を巻きなおしてやっている。

うむ、さっきの方が可愛かったのにな、と一人ゴチたが、どうやら今はそういう空気ではなさそうであった。



狼爪
使ってるところ見たことない方は
ポチッ、ポチッとお願いします。ありがとう!
こちらもありがとう! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。


別窓 | からだのこと | コメント:6 | トラックバック:0 |
ゼニゲバ獣医とのたたかいにタロ助、勝つ!
2007-12-11 Tue 12:44
おニュー1
オニューの服でお散歩。
前足、後ろ足もカバーするイタグレ専用のすぐれものの防寒服だ。ただし、清水の舞台から大枚が一枚ヒラヒラと舞い降りる(泣)。
お座りからちょっと気取ってポーズのタロッ。

おニュー4
全姿でみても無理なくフィットしているようだ。犬コロ様はどうおもっているのか知らないが…。

おニュー
「立てば芍薬,座れば牡丹,歩く姿は百合の花」とほめてやろうと思ったが、この歩く姿はどう見てもつなぎ服着たヤンキーにいちゃんやなあ。

「おらおら、じゃまだじゃまだそこの綿毛やひっつきムシ。ワイのオニューにくっつくんじゃねぞ」 (タロッ)

ま、まあ、そんな息まかいでも…。


抜けた乳歯1
最後の乳歯が抜けた。
ゼニゲバ獣医からさんざおどされていた最後の乳歯も、ほれこのとおりちゃんと抜けましたわ。
タロッママが帰ってくると、タロ助はムニュムニュ、フニフニして一人で笑っている。
ついに狂ったかと心配したママは、頭ではなくどうもお口の中に原因がありそうだとこじあけた。そして見たものは、ブラブラ犬歯、迷わず引っこ抜かれた。
一歳を目前にようやく乳歯のすべてが抜けたわけだが、ゼニゲバ獣医からは半年前からおどされ続けたわけで、さまざま検査、全身麻酔、手術、術後の半日or一日入院などの費用が浮いた(喜)。
費用の問題もあるが、このちっこい犬へのダメージを考えると待ってよかった。

さあ、これでワタクシはナチュラリスト完全復活や!!!



ゼニゲバ獣医は
それでも誤解されていると思われる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。




別窓 | からだのこと | コメント:1 | トラックバック:0 |
イタグレやったらローズイヤーだろ。
2007-11-12 Mon 22:55
淀川にて
今日は西高東低の冬型気圧配置。
午前中の晴れ間に散歩へ。強風でタロ助はびびり腰。ひょっとして木枯らし1号?
河川敷公園でひとしきり遊んでから、
「タロ助、川に行ってみるか」
淀川にて (8)
「よっしゃあ、行くいく、行くで」(タロッ)
風は相変わらずだが、走り回って身体が温まったのかやる気マンマン。
淀川にて (1)
ところが川岸におり水際まできてみると、びびりまくり。
「ひょえ~、僕のきらいな水ばっかりやん」(タロッ)
淀川にて (6)
「お、おやじ、ちょちょちょっと待ってくり…」(タロッ)
「なにびびってんねん、深さ10センチもないぞ。それに石伝いに来れるやろ」
淀川にて (5)
「え、今なんて言うた?水に入らなくてもええのんか、そか、石の上を行ったらええのんか」(タロッ)
「そやんか、わかったらはよ来い。しやけど、お前の耳、なんでそんなにふくらんでるのや」
淀川にて (3)
「なんか風が耳にはいってくるねん」(タロッ)
「イタグレやったらローズイヤーにしいさ」
「いや、オヤジの言うこともたまには聞いてやろうおもて、聞き耳立ててやってんねん」(タロッ)
「はいはい、おまえ、キライな風と水に単にびびってるだけやろが」
「そんなことないわい!!」(タロッ)
強気な発言も、腰は引けっぱなし。びびりながらもなんとか石渡りができましたわ。
左奥に見える平たい山が天王山。



聞き耳立てられる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | からだのこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
拝啓 ゼニゲバ獣医殿
2007-09-30 Sun 00:22
 すっかり秋らしくなった今日この頃、さぞやゼニゲバ獣医殿にあられてはご健勝のことと存じ上げます。ご心配頂いておりますタロ助の乳歯の件ですが、本日目出度く左上顎の犬歯がポロリと抜け、貴殿得意のそろばん勘定に若干の訂正が必要かと思われますのでご報告申し上げます。
20070929215747.jpg20070929215824.jpg
丈夫でビクともしなかったの乳歯でしたが、突然のポロリでタロッちちとしてもびっくりであります。
「6ヶ月過ぎるとまず抜けない」とご説明していただいたときは、「自然に抜けることを待つ」金欠ナチュラリストとしてはかなりの不安を抱えさせてもらいました。
頑強にお勧めいただきました乳歯抜歯手術も、あと一本残しているとはいえ不必要となる見通しが開けたように思います。
20070929215853.jpg手術なしであっけなく抜けた乳歯。

20070818112421.jpg

タロッよ、待っててよかったわ。
なんせこのちっこい乳歯が18000円でそろばんにはじかれるところだったからなあ。
「浮いたそのお金で流行の秋服でも買ってくれんかなあ、オヤジの手作りウェアばっかりではなあ。年頃なんやし、イヌコロジーの親父たのむわ。」(タロッ)
おまえ、イヌのクセにエエ突っ込みいれてくれるやないの。



歯医者のお嫌いな方
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
別窓 | からだのこと | コメント:5 | トラックバック:0 |
ゼニゲバ獣医の後姿がくっくっくっと笑う
2007-09-11 Tue 14:19
一ヶ月ごとのフィラリア予防薬投与の日が来た。
タロッの乳歯がびくともしてないのを確認して、いつものゼニゲバ獣医のところへ。
近所に獣医は4,5軒あるのだが、ご近所の評判も芳しくないこのゼニゲバ獣医をなぜか“かかりつけ医”としている。
それはたぶん初診の印象が良かったからだ。
初めて犬飼になった僕たち夫婦に、ワクチンの効用や子犬時に気をつけることなど、本からの知識では得られなかった事を色々教えてくれたからだ。
さらに体重まで10グラム単位で毎回はかってくれた。タロッは1ヵ月にほぼ1Kgずつ成長した。体重計のないタロ助家には感動だった。

しかしこの感動は、予想もしない形で裏切られてしまう。

診察台兼体重計になっているところにタロッを乗せると「はい、6,12Kg」と言われた。前回が5,95Kgだったので、『ウム、ハーネスを差し引くとほとんど前回と変わらんな、成長が止まったか。』などと考えていたら、あっという間にタロッの口の中に薬をすべり込ませていた。いつも見事な早業だな、と感心。すると
「乳歯は抜く気になりましたか」と突然本題突入。
きたきた、あの早業のなかでタロッの乳歯まで確認しているのだから、ゼニゲバ獣医は油断がならない。
僕としては抜けるまで1年くらいは待ってよいだろうと腹を固めたので、
「はい、とっても頑丈ですね」とすりかえる。
獣医は「…ムッツ」として後ろを向きながら、
「ま、今のところは歯並びにたいした影響は出ていませんが」
というとしばらく間をおき、「…はい。」といってお勘定はそっちよ、というそぶり。
「ありがとうございました…」と言って薬代を払った。
すると、
「1370円です」と助手。
「あれ?前回1050円でしたけど…」と言うと
「はい、体重6キログラム超えると薬の量が増えるので、高くなります」との明快な回答!たしかに120グラム超えている、が、タロッはこの時ハーネスしたままだったぜ。
やられた、と思った。ゼニゲバ獣医の後姿がくっくっくっと笑っているように見えた。

親切に毎回体重を量ってくれる獣医さんと言うイメージが、ご近所のこの獣医に対する悪評を僕の中では後景に押しやっていた。
それが今…。
僅かな額ではある。320円…。
あの感動の体重測定は6キログラムを超えるためのそろばん勘定だったのだ。
感動も勘定に変えてしまう恐るべきドクターゼニゲバ!

タロッと僕は病院のドアを元気なく閉めると、気分転換に出かけた。
いつもの散歩道。
あどけないシーズーが心底可愛かった。

シーズーと遊ぶ


シーズーと遊ぶ


と遊ぶ
ちっこい方はマルチーズとのMIXかな。

ゼニゲバ獣医は
誤解されているかもと思われる方は
ポチッとお願いします。ありがとう!一日一回だけ有効のブログランキングです。
ゼニゲバ獣医
別窓 | からだのこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。