スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
千葉市 ダックス迷子犬情報です!
2008-11-28 Fri 12:51
千葉市中央区・シルバーダップルのダックスちゃん迷子
迷子犬ダックス

迷子犬保護~皆様のご協力をお願いします~
記事転載元⇒あ~るとサマンサのHappy Life
先日、千葉から大阪へオフ会に来ていただいたのん様が、散歩中に迷子犬を発見!!


11月26日(水)PM6:30~PM7:00

千葉県千葉市中央区にて迷子犬を保護いたしました。

ミニチュアダックスのシルバーダップル
推定年齢 5歳
オス 去勢済み
体重 6kg

現在、記事転載元ののん様のお家にて保護されております。
詳細はこちらで⇒ http://ameblo.jp/novco/day-20081127.html

千葉在住のかた、千葉にお知り合いのおられる方お心当たりなどございましたらご連絡いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
別窓 | マイクロチップ | コメント:2 | トラックバック:0 |
捨て犬とマイクロチップ
2008-09-07 Sun 17:35
捨て犬とマイクロチップ4
捨て犬や!!
いつものF川土手散歩してたら、犬が捨ててあるではあ~りませんか。
なかなか可愛いバッグに入ってるので、とりあえず犬は棄ててバッグを持って帰ろうと思いました。




捨て犬とマイクロチップいぬ3
バッグに近づくと、犬はたちあがって逃げるどころか、居座ってお座りしてるではあ~りませんか。
えらい賢い犬やな、うちのタロ助に爪の垢でも煎じて…等と考えていると、



捨て犬とマイクロチップ8
よほど疲れているのか、犬はお座りしたまま目をつむって居眠りし始めました。
うむ、これはナルコレプシーとかいう病気かもしれないと思い動物病院へ連れて行くことにしました。



捨て犬とマイクロチップ1
お気に入りのバッグごと肩に抱きかかえると、どうしたことか捨て犬はお目目パチクリ。
病院の方角を教えてくれるかのように、犬は鼻先で僕をあしらいました。



捨て犬とマイクロチップ
病院に着くと、犬は手術室に連れて行かれぶっとい注射を左肩に打たれました。
小さな声で「キャン」となきましたが、すぐにおとなしくなりました。
すると、看護婦さんが
「先生、この犬マイクロチップが埋められてます」
捨て犬とマイクロチップ2

「なに、そうか!ちょっと待ってくれ。うちにあるリーダーで読み込んでみよう。」
先生は久しぶりに手にしたポケットリーダーがうれしくて、捨て犬の身体を舐めまわすように丁寧に何回もMCを探し始めました。



捨て犬とマイクロチップ6
すると突然先生は、
「お、この番号は日本の犬、タロ助や!」
と叫ぶではありませんか。

うん?
タロ助言うたらうちの犬コロと同じ名前やないけ、と思いましたが、日本の犬はタロ助で始まってタロ助で終わるくらい多いはずや、名前変えたほうがいいかなとか思いました。
とりあえず犬は預けて、バッグだけでも持って帰ろうと思い
「先生もう帰ってもいいでしょうか?」と尋ねると

「はい、もうオッケーですよ。これであなたと、このタロ助は身分が証明されました。」
先生はまだポケットリーダーをいじりながら笑顔でおっしゃってくれました。



7
「ゲッ! こいつ、うちのタロ助かい…」
びっくりしましたが、世界でただ一つのナンバーから割り出された身元は間違いないと先生のお墨付き。

たしかにこの遠慮のないおやつの食べ方はうちのタロ助だわ。


捨て犬とマイクロチップ5
すると、さっきから気になっていたこの可愛いバッグもうちのかい…!

しかたないのでこのタロ助もバッグも持って帰ることにしました。

「オヤジ、どんだけボケとんねん!!写真を反対に並べるからおかしなんねんやんか…、アホやな」   (タロ助)

   

いつか飼い主もボケる。
その時MCがあれば大丈夫やな
ってワンコは
ポチッとお願いします。
どうもありがとうございます! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。


追記
●埋め込んだマイクロチップはライフチップ・バイオサーモ。体温測定できるタイプになっている。もちろん専用のリーダー(読み取り機)が必要だ。大日本住友製薬株式会社輸入元、デジタルエンジェル社製品、米国。
●登録料など全て込みこみで5000円。(消費税250円別)
●埋め込みの際、毛などそらず、麻酔もなしで2ミリ強の針先のインジェクターでぶっすん!消毒しただけで、ちょいと血が出た程度、見ている限りでは軽いかるい。
●見た目、埋め込んだMCはどこにあるのか全くわからず。特異な姿勢で肩甲骨を出っ張らせるとMCがあることがわかる程度だ。皮下埋め込みの為外からはわかりにくくなる。発疹や虫刺されなどは表皮に出るので、イタグレなど超短毛種の犬にはプックリと膨らみ結構目立つが、MCは皮下に埋め込むのでわからない。
●今回の獣医師は背左肩甲骨上に埋め込まれたが、これは調べてみるとヨーロッパのやり方である。以後の注射を配慮した場所になっている。
日本、アメリカ合衆国などは背肩甲骨真ん中に埋め込む。これは一番痛くなさそうな部位だからか。

●埋め込み後、一週間程度はMCの埋め込み部位を触らない方がよい。MCが皮下に固定されるまでなるべく動かさない。滅多な事はないようだが、世界で一例だけ死亡報告がある。MCが脳内?に移動して猫が死亡。
MC埋め込みプレートは付属せず。
●獣医師とMCについて少し話をしたが、外国に行くのにMC装着しに来る人はいるけども…という程度。
リーダー設置の自治体も少ないですからね、日本ではムリではないでしょうか。とまで言われてしまった。
●MCの普及にもっと獣医師が積極的になって欲しい主旨を話す。
もちろん獣医師に責任があるわけではないが、ペットに一番近い指導的役割を持つ位置にあるのではないだろうか。
その発言力は大きいと思う。

別窓 | マイクロチップ | コメント:8 | トラックバック:0 |
マイクロチップについて -ー自分を証明できない犬たちーー
2008-09-04 Thu 00:00
ポテトチップスちゃうで、マイクロチップ!

とりあえずご近所の動物病院へ電話をして問い合わせてみた。

「○○病院ですか。マイクロチップのことで少しお伺いしたいのですが…」   (タロッちち)

「え、マイクロチップス?なんでしょう?どういうことでしょうか?」   (受付嬢)

ありゃ、マイクロチップ(MC)を知らない。ポテトチップスの乗りやなあ。大丈夫だろうか?ここでは扱ってないのかもしれない。など不安を掻き立てられながらも、
「えっと、犬の体内に埋め込む個体識別のマイクロチップなのですが、扱ってないのでしょうかね」  (タロッちち)

「ち、ちょっと待っていただけますか」    (受付嬢)

アルバイトのねえちゃんが応対に出たのかもしれないと気をとりなして、電話口で待つこと3分間、

「はい、マイクロチップスやっております。ただお取り寄せになるのでお待ちいただくことになります」   (受付嬢)


普及率はたったの1,97%

おお、やってるのや。ちょっと安心したぞ。ちなみにマイクロチップのワンコに対する普及率は1,97%。(2008年3月 データ掲出先 http://www.animal-navi.com/navi/ready/mc/mc_now_kakuti.html)こんなに低い普及率やったら動物病院の受付嬢も知らなくても文句はいえない。

日本では年間16万頭の犬が迷子になっている。そのうち元の飼い主に戻る犬は1割だという。
あと残りの15万頭の犬はどうなったのかと思うとぞっとする。すべてにMCが装着されていたらほとんどの犬は元の飼い主のところへ帰れたのではないだろうか。(リーダー設置数は不問にする)

「はい、では取り寄せていただけますか。製品は選べますか?ライフチップといいますが…」  (タロッちち)

日本には4種類のMCが発売されており、『ライフチップ』は体温測定もできる。病気で消耗しきっているときに肛門に慣れない体温計挿入では治るものも治らない。コレにしようと考えていた。

「あ、はい、ちょっとまってください。ライフチップスですね?」   (受付嬢)

さらにポテトチップスにちかくなってきたぞ。ま、いいや。


兵庫県がトップレベル


ということで取り寄せてもらう事になった。
大体5000円くらいらしい。
MC本体1000円~1500円。
技術料2000円~3000円。
AIPOへのデータベース登録料1000円。

まちがってポテトチップスが送られてくることはないと思うが、現物を見るまではちょっと心配やなあ…。

動物保険の大手アニコム調べでは、犬種ごとのMC装着率の高さを調べている。

第一位サモエド
第二位 オールド・イングリッシュ・シープドッグ
第三位セント・バーナード
第四位ジャーマン・シェパード
第五位ジャック・ラッセル・テリア
第六位ボーダー・コリー
第七位ラボラドールレトリバー
第八位キァバリア・キング・チャールズ・スパニエル
第九位ヨークシャテリア
第十位シェトランド シープドッグ

大型犬が多いが、ベストテンにイタグレさんは入っていない。

また県別の普及率では兵庫県がトップレベル。阪神淡路大震災の教訓が活かされているためといわれている。


自分を証明できない犬たち


マイクロチップは犬のパスポートみたいなもの。
犬の命あるかぎり、いやどこかで事故死したとしても飼い主とつながることができる。

MCは30年耐用、つまり犬の一生をクリアする。

予断になるが、タロッちちの実家には100羽以上のレース鳩がいる。その一羽一羽にはMCではないが番号の書かれた脚環がはめられており、全国どこで迷子になっても連絡がつくシステムになっている。
また、その脚環がなければどんなに素晴らしい血統でも無価値に等しい。レースにも出場できない。鳩たちは生まれて10日目ぐらいで飼い主によって一生外れない脚環をつけてもらうのだ。
自分を証明できる(血統でもある)唯一のものが、この脚環なのだ。
犬の世界に、このレース鳩のようなものがないのが僕は不思議でならなかった。
自分を証明できない犬たちであふれている情景というのは、その犬の飼い主である事も証明できないことなのだが、犬の世界ではそれが一般的なのだ。

家族として愛されている犬の幸せな現状と、この幸せな犬達の置かれている客観的な身分(自分を証明できない)の隔たりに僕は愕然としていた。

MCはその溝を埋めることができる。愛情以外によって、犬と飼い主をしっかり結びつけることができるのだ。
犬の本当の幸せはこのMCによってより確実になるのではないだろうか。




おもなリンク先

アナイスー動物とともに避難するNPO法人
http://www.animal-navi.com/navi/ready/mc/mc.html

日本ベェツグループ (MC装着の動画あり)
http://www.pet-hospital.org/microchip.htm#micro_61




犬と飼い主を結びつけるMC万歳
ってワンコは
ポチッとお願いします。
どうもありがとうございます! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。



別窓 | マイクロチップ | コメント:13 | トラックバック:0 |
マイクロチップについて
2008-09-03 Wed 11:59
年間何十万頭もの犬、猫が殺処分

最近、身近なところで、ワンコが脱走(淀川花火大会でびっくらこいたワンコが10日間行方不明で警察に保護される)し、関連諸機関へ色々連絡したり、お知らせビラ作ったり大変だった話しをきいた。

他のブログでも迷子犬を預かったり、里親になったり、といった話を散見する事ができる。
犬も飼い主も大変な苦労と、心配を持ち込んでしまう。

どんな場合でも、犬がこのように無事であれば救われる。
しかし、実際には年間何十万頭もの犬、猫が殺処分されているのが現状だ。

マイクロチップについて

マイクロチップというものがある。
ペットに植え込む個体識別等を目的とした電子標識器具だ。
●世界で一つしかない個別番号をリーダーで読み取り、データバンクで管理された住所、名前、電話番号が瞬時でわかる。(引越しなどの時はデータ書き換え可能)
●電池不要で30年間耐用、生体適合ガラスで覆われ直径2ミリ、長さ12ミリ。
●安全性と耐久性は確認できている。
●外国(EC諸国、オーストラリア、ニュージーランドなど)では義務化されているところもあり。

こんなスグレモノが、数千円で装着できる。

もし、このマイクロチップを上記の犬たちが装着していたら随分と事態は違っていたはずだ。


普及が進まない理由

御存知の方も多いと思われるが、このマイクロチップ、どのくらい普及しているかとなるとお寒いかぎり。
しかし、このマイクロチップが有効なのは誰でも理解できるのだが、実際に進まないのはハード面に問題があると言われている。読み取るリーダーの設置箇所が少ないのだ。とくに行政レベル。
せっかくマイクロチップをワンコが装着しても読み取るリーダーがないんじゃ意味がない。
確かにそうなのだが、それは装着しないことの理由にはならないと僕は思っている。
行政に、リーダー設置を促す事由にこそなれ、自分が装着しない理由にしてしまったのでは何ごとも物事は進まない、と考えるからだ。
だから、マイクロチップの普及が遅れているのはハード面ではなく、実は飼い主側のソフト面ではないか。


なにはともあれ、まずはご近所の動物病院に問い合わせてみる事にした。

以下、次号へ


首輪って取れるから鑑札つけても
心配だったのよね
このMCなら安心だ
ってワンコは
ポチッとお願いします。
どうもありがとうございます! にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ一日一回だけ有効のブログランキングです。




別窓 | マイクロチップ | コメント:9 | トラックバック:0 |
| イタグレ、気まぐれ、へったくれ、お座りできたら大まぐれ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。